ニュース

くるり、日本武道館ライヴはスペシャル編成で登場!

くるり   2012/12/28 15:03掲載
はてなブックマークに追加
くるり、日本武道館ライヴはスペシャル編成で登場!
 今年9月にはアルバム『坩堝の電圧』を発表、自身の主催によるフェス〈京都音楽博覧会 2012 IN 梅小路公園〉、全国ツアー〈国民の性欲が第一〉も大盛況と、2012年も充実の活動を展開してきた、くるり。来年1月17日に日本武道館で開催する、彼らのワンマン・ライヴ〈くるりワンマンライブツアー2012 / 13 特別公演 〜国民の成長が第一〜〉の詳細が明らかに。

 全国ツアー〈国民の性欲が第一〉の特別公演として開催されることのみ発表となっていたこの公演。ツアー同様、くるり(岸田 繁、佐藤征史、吉田省念、ファンファン)とドラムのあらきゆうこという布陣に加え、ゲスト・ミュージシャンとして堀江博久、bobo、権藤知彦高田 漣、そしてコーラス隊としてザ・サスペンダーズ(渕上祥人、遠藤由美)ら豪華メンバーの参加が決定しており、一日限りのスペシャル編成で登場。

 また現在、オフィシャル・サイト(www.quruli.net)では当日ライヴで演奏してほしい曲を募集するtwitter企画を行なっており、この企画をもとに、『坩堝の電圧』楽曲だけでなく、「WORLD'S END SUPERNOVA」「ワンダーフォーゲル」「ロックンロール」など代表曲をはじめ、過去の作品からの名曲たちも披露する予定とのこと! 生まれ変わった新生くるりの第一期の集大成ライヴとなりそうです。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015