ニュース

神秘(リーマンマイク)、新曲「七夕」のMV公開 楠ろあが初キス・シーンに挑戦

リーマンマイク   2019/08/09 15:31掲載
はてなブックマークに追加
神秘(リーマンマイク)、新曲「七夕」のMV公開 楠ろあが初キス・シーンに挑戦
 メンバーが全員一流企業勤務の現役サラリーマンというヒップホップ・グループ、リーマンマイクのメンバー、神秘の新曲「七夕」のミュージック・ビデオが公開されています。

 ヒット・ソング「渋谷合コン歌〜#すっごいよっ一体感〜」の続編的楽曲である「七夕」は、メンバーの神秘による初のソロ曲です。公開された「七夕」のMVは、「渋谷合コン歌〜#すっごいよっ一体感〜」とは異なる幻想的なテイストとなっており、メイン・キャストのひとりとして人気YouTuberの楠ろあが出演。初めて挑戦したキス・シーンが話題となっています。

 本作について、メンバーのむーちゃんは、「何故ここまで曲に七夕の要素が入っていないのか?何故七夕の翌月にリリースするのか?何故ここまで彼が七夕に固執するのか?まさに神秘」とコメント。2代目は「うーんと……。とりあえずラブソングだそうです」と語り、さそけんぴは「こんなにチューしたかったんだ!?メンバーも驚いた神秘的な一曲がここに完成」と戸惑いながら語り、ぎょうざは「圧倒的なダサさ。身の毛もよだつダサさ。そして気づく、その可愛さ。気付いた時には目から涙が溢れていました」とコメントしています。

 そして石原ロック・フェスティバルは、「全体を通して、神秘さんの良さが凝縮された一曲となっていると思います。まず冒頭の“ラディスジェントルメーン”。流暢な発音で、僕の心は鷲掴みにされました。首をカクカク動かす動きも、鶏のようで最高にCoolでした。続いて、トロピカルなサウンドに載せた神秘さんの軽快なラップ。綴られるリリックの内容の薄さには、感動すら覚えました。薄口ラッパー神秘さんの真骨頂です。その一方で“ヌキ”をあえてカタカナ表記にするなど、新橋おっさん感もしっかり演出。どんなにカッコつけても、下心とガマン汁は溢れている。さすがです。ロマンです!極めつけは、MV最後に披露した神秘さんの変顔。めったに見れない神秘さんの変顔に、暑い夏を吹き飛ばすほどの、強めの悪寒が走ったことを覚えています。全体を通して計算つくされた神秘ワールド。23世紀仕様の最高にCoolな一曲です!」とコメントしています。

拡大表示


■2019年8月26日(月)配信開始
神秘(リーマンマイク)
「七夕」
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015