ニュース

サラ・ブライトマン、7月のジャパン・ツアーに向けてのインタビュー動画を公開

サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)   2016/05/11 15:53掲載
はてなブックマークに追加
サラ・ブライトマン、7月のジャパン・ツアーに向けてのインタビュー動画を公開
 2014年にリリースされた日本独占企画のカヴァー・ソング集『感動のヴォーチェ』が好評を博している世界的ソプラノ・ディーヴァ、サラ・ブライトマンが、7月に6都市9公演のジャパン・ツアーを開催。来日に先駆け、同ツアーに向けてのインタビュー動画(youtu.be/hzMOCl0OtR0)が公開されています。

 インタビューの中でブライトマンは2017年のリリースを目指しているというニュー・アルバムについて言及、来日公演でもそのテイストを投入することを明かしているほか“驚くほどに素晴らしい演奏を行う大変美しい才能に溢れた女性ピアニスト”や“ギリシャ出身気鋭の男性テノール”、“若く才能に溢れたカウンターテナー”をゲストに迎えてのパフォーマンスを披露することも発表しています。

 ツアーは7月7日(木)北海道・札幌 北海きたえーる、9日(土)宮城・ゼビオアリーナ仙台、11日(月) / 12日(火)東京・日本武道館、17日(日)石川・金沢 本多の森ホール、19日(火) / 20日(水)大阪・フェスティバルホール、22日(金)愛知・名古屋 センチュリーホールの6都市8公演。詳しくは詳しくは公演特設ページ(udo.jp/Artists/SarahBrightman/index.html)にてご確認ください。


[近況について]
これまでにない、とても素晴らしい1年を過ごしました、新しいアルバムの為にとても美しい素材を探したりしました。今回は、とても特別で、世界中で大成功を納め、皆様に愛されたアルバム〈タイムレス〉〈タイム・トゥ・セイ・グッバイ〉が収録されているアルバムを彷彿させるよう感じです。いくかつの楽曲は私達が新しく選んだクラシカルの名曲から、また皆様が期待しているようなクラシカル・クロスオーバーの楽曲もあります。これらの楽曲を時間をかけても何回も歌入れをし私の声と合わせて、全体を組み立てました。他にも沢山の事を取り入れ、アルバムはとても充実した仕上がりです。私が昨年旅をした様々な国の要素や雰囲気が詰め込まれています。発売は来年を予定しています。もちらん日本で行うコンサートにも反映させます。新作を発売した後にコンサートも行う予定です。日本のファンの皆様にお会いできるのをとても楽しみにしています。

[来日公演について]
今回の日本公演はハリウッド映画を彷彿させるような感じになりそうです。とても内容の濃い物になりそうです、大変美しいクラシックの名曲からファンの皆様が聞くのを楽しみにしてくださっているクラシカル・クロスオーバーの楽曲の数々、またライブではこれまでにやったことのない楽曲もやります。そして今回は大変魅力的なゲストを迎えます。驚くほどに素晴らしい演奏を行う大変美しい才能に溢れた女性のピアニスト、ギリシャ出身の新進気鋭のテノールの男性とはデュエットを行います、また大変若く才能に溢れたカウンターテナーの男性とは〈Pie Jesu〉などいくつかデュエッットで行う予定です。ですので、これまでになく美しく豪華絢爛なショーになりそうです、そして私達を過去へと少し引き戻してくれるような……。どうぞコンサートを楽しみにしていてください、お会い出来るのを楽しみにしています。

Sarah Brightman
Japan Tour 2016

udo.jp/Artists/SarahBrightman/index.html

・2016年7月7日(木)
北海道 札幌 北海きたえーる
開場 18:00 / 開演 19:00
S 15,000円 / A 14,000円 / B 13,000円(税込)
※お問い合わせ: 道新プレイガイド 011-241-3871

・2016年7月9日(土)
宮城 ゼビオアリーナ仙台
開場 17:00 / 開演 18:00
S 15,000円 / A 14,000円 / B 13,000円(税込)
ローソン(L 26946) / ぴあ(P 291-735) / e+ / セブンチケット / CNプレイガイド / 河北チケットセンター / 藤崎 / 仙台三越 / さくら野百貨店 / TBCホームページ

※お問い合わせ: ニュース・プロモーション 022-266-7555

・2016年7月11日(月) / 12日(火)
東京 日本武道館
開場 18:00 / 開演 19:00
S 15,000円 / A 14,000円 / B 13,000円(税込)
ぴあ(P 292-536) / ローソン(L 74128) / e+ / 楽天チケット

※お問い合わせ: ウドー音楽事務所 03-3402-5999
udo.jp

・2016年7月17日(日)
石川 金沢 本多の森ホール
開場 16:30 / 開演 17:00
S 15,000円 / A 14,000円 / B 13,000円(税込)
※お問い合わせ: ウドー音楽事務所 03-3402-5999
udo.jp

・2016年7月19日(火) / 20日(水)
大阪 フェスティバルホール
開場 18:00 / 開演 19:00
S 15,000円 / A 14,000円 / B 13,000円(税込)
ぴあ(P 291-601) / ローソン(L 52868) / e+ / フェスティバルホール チケットセンター

※お問い合わせ: 大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506
udo.jp/Osaka

・2016年7月22日(金)
愛知 名古屋 センチュリーホール
開場 18:15 / 開演 19:00
S 15,000円 / A 14,000円 / B 13,000円(税込)
一般発売: TBA

※お問い合わせ: ウドー音楽事務所 03-3402-5999
udo.jp
CBC事業部 052-241-8118
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015