ニュース

岡山フォーク・シンガー松本圭介、プロデューサーにサワサキヨシヒロを迎えた2ndアルバムをリリース

サワサキヨシヒロ   2017/01/30 16:55掲載
はてなブックマークに追加
岡山フォーク・シンガー松本圭介、プロデューサーにサワサキヨシヒロを迎えた2ndアルバムをリリース
 岡山を拠点に活動するフォーク・シンガー松本圭介が、2009年の1stアルバム『あいことば』以来実に8年ぶりとなるニュー・アルバム『My song is your song』(MTK-001 1,852円 + 税)を2月3日(金)にリリース。Amazon.co.jpでは現在、予約注文の受付が開始されています。発売日からはiTunesでの配信もスタート。

 幼少期は岡山県「桃太郎少年合唱団」に在籍し、県内外はもとより海外公演も経験しているという松本圭介。高校時代から独学で身に着けたフィンガー・ピッキングのギターで路上ライヴ、バーでの演奏を経て、現在はライヴハウスを中心に活動中。

 2ndアルバムではなんと、日本テクノ黎明期より活躍し、国内外の名門レーベルからのリリース経験を多数持つテクノ / アンビエント・ミュージックの重鎮、サワサキヨシヒロをプロデューサーに起用。サワサキはアレンジメント、プログラミング、ミックスにも携わり、松本ならではの素朴で力強い作風に新たな装いを与えています。マスタリングは江夏正晃(marimoRECORDS)が担当。

 なお同作を携えて2月5日(日)、京都・Blue Eyesにて開催するライヴ・イベント〈松本圭介レコ発京都ツアー 〜 圭介が ”今度こそ” CD抱えてやって来た!〉には、サワサキヨシヒロもDJで参戦。2月11日(土)には、アルバムの発売を記念したワンマン・ライヴ〈松本圭介 Newアルバムリリースパーティーワンマンショー!!〉を岡山・倉敷 Cookie Jarにて行うことも決定しています。詳しくはオフィシャルFacebookにてご確認ください。

拡大表示


■2017年2月3日(金)
松本圭介
My song is your song

CD MTK-001 1,852円 + 税

[収録曲]
01. SUNRISE
02. 愛らぶゆ〜
03. ノスタルジック
04. ただ貴女の声が聞きたいから
05. WONDERLAND
06. 僕と私
07. ちゃらんぽらん
08. 僕の唄

松本圭介レコ発京都ツアー
圭介が ”今度こそ” CD抱えてやって来た!

www.facebook.com/events/1905883076310209

2017年2月5日(日)
京都 Blue Eyes
開場 17:30 / 開演 18:00
前売 1,800円 / 当日 2,300円(税込 / 別途ドリンク代)

[出演]
松本圭介 / Moeka / 山下幸一 / 本井美帆 / サワサキヨシヒロ(DJ)

[Keisukeバンド]
吉田 修(g / ex-PitterPatter, Shu'sProject) / 國本和子(b / Majestic Eve) / 森田和江(dr / Majestic Eve, Black Mistrel)

[Moekaバンド]
Shu☆(eg, ag / ex-PitterPatter, Shu'sProject) / 野矢博士(b / RockTheNation) / 上野達也(br)


松本圭介
Newアルバムリリースパーティーワンマンショー!!

cookiejar-live.com/my-calendar?cid=mc-ab1bd2467d1465c05c9258fd5241f949&mc_id=46183

2017年2月11日(土)
岡山 倉敷 Cookie Jar
開場 19:00 / 開演 19:30
2,000円(税込 / 1ドリンク付き)
※中学生以下ドリンク代金のみで入場可
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015