ニュース

スケボーキングが10年ぶりに再結成 バンド活動を再始動

SBK(スケボーキング)   2020/02/26 13:37掲載
はてなブックマークに追加
スケボーキングが10年ぶりに再結成 バンド活動を再始動
 2010年6月に行われた東京・渋谷AXでのデビュー10周年ライヴをもって解散したミクスチャー・バンドのスケボーキングが、10年ぶりに再結成し、バンド復活と本格的な活動再開を発表しています。

 ヒップホップとロックを中心に、ハウス、テクノ、エレクトロなどの様々なジャンルを独自のセンスとユーモアで巧みにミックスし、ミクスチャー・シーンの代表的バンドとして活躍したスケボーキング。メンバーは10年前の解散時と同じ、SHIGEOSHUN、SHUYA、MASHの4人のオリジナル・メンバーでの再始動となります。

 今後、ライヴや音源制作なども積極的に行なっていく意向で、すでに幾つかイベントへの出演オファーも届いており、ライヴへ向けてスタジオでのセッションや楽曲のリアレンジなどの作業もスタートしています。近日中に出演イベントなどのライヴ情報も発表される予定で、再結成に合わせてバンドのオフィシャル・サイトやSNSを開設しています。

 メンバーは、「僕たちスケボーキングが皆様に音楽をお届けするのをSTOPしてから、かれこれ10年の月日が経ちました。メンバーが個々の活動を通して時を重ねていく中で、自分達が思う以上にSBKの作品やアティテュードがファンの皆様に 愛されていた事に気づかされました。一体何が面白かったのか自己分析すべく 過去のライヴ映像などを見返してみると、ジャンルが交錯する“闇鍋”の様なミクスチャー・バンドの姿がそこに浮かびあがってきました……。そうするうちに、現代において僕らのユーモアが機能するかもう一度試してみたいという気持ちに次第に駆られるようになったのです。 2010年解散時とまた同じメンバーで皆様の前で演奏出来る興奮と幸福と感謝を噛み締めながら、スケボーキングここに復活します!」とコメントを寄せています。

スケボーキング official site
www.sukebo-king.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015