ニュース

NYを拠点に活動するピアニスト白崎彩子が8年ぶりにピアノトリオアルバムを発表。

白崎彩子   2013/07/10 16:02掲載
はてなブックマークに追加
NYを拠点に活動するピアニスト白崎彩子が8年ぶりにピアノトリオアルバムを発表。
 ニューヨークをベースに活躍するピアニスト、白崎彩子の8年ぶり待望のピアノトリオアルバム『Some Other Time』(輸入盤 Jan Matthies Records JMR201301)が7月31日(水)に発売されます。

 白崎彩子は東京芸術大学ピアノ科卒。マンハッタン音楽院ジャズピアノ科修士課程卒業。5歳よりクラシックピアノ、10歳より父の手ほどきでジャズピアノを始め、〈第3回浅草ジャズコンテスト〉を最年少14歳で優勝に始まり、〈第一回ハイネケン・ジャズ・コンペティション〉第2位など受賞多数。

 97年より活動拠点をニューヨーク移し、2003年『EXISTENCE』でデビュー。その後も精力的にリリースとコンサート活動を続け、数多くの音楽祭に招かれ、その豊かな表現力、優れた演奏テクニックは各方面で高い評価を得ています。

 現在はピアノトリオ、ピアノソロを中心に、ニューヨークを拠点にヨーロッパ、日本で演奏活動を行う傍ら、ミュージック・スクールを開校し、音楽教育にも力をいれています。

 ニュー・アルバム『Some Other Time』は『ミュージカリー・ユアーズ』以来8年ぶりとなるピアノトリオアルバム。
オリジナル3曲、ジャズスタンダード&ジャズミュージシャン曲7曲、日本の曲2曲と多彩な内容で、白崎の秀逸なアレンジも聴きどころ。

 ビ・バップに根ざした手法を保ちつつ、スイング、サンバ、ファンク、8ビートとあらゆるグルーヴを溢れ出る豊かな旋律で自在に弾きこなし、ベースの植田典子、ドラムのクインシー・デイヴィスとの息の合ったトリオプレイが堪能できます。

 現在、レコーディング・メンバーとジャパンツアー中。会場では本作の先行発売もあるそうです。

■2013年7月31日(水)
白崎彩子
『Some Other Time』

JMR201301

[収録曲]
01. Sunrise(Ayako Shirasaki)
02. 3 Steps Forward(Ayako Shirasaki)
03. Yosaku-与作(Kiminori Nanasawa)
04. Some Other Time(Leonard Bernstein)
05. Oleo(Sonny Rollins)
06. April in Paris(Vernon Duke)
07. My Man’s Gone(George Gershwin)
08. Long Ago and Far Away(Jerome Kern)
09. Sophisticated Lady(Duke Ellington) ? piano solo
10. Antagata Dokosa ? あんたがたどこさ(Japanese Traditional)
11. Peace of Mind(Ayako Shirasaki)
12. Hope(Lars Jansson)

[演奏者]
白崎彩子(p)
植田典子(b)
クインシー・デイヴィス(ds)

白崎彩子
公演日程


7月10日(水)愛知 名古屋 Jazz Spot Swing
7月11日(木)東京 渋谷 NHK-FM セッション2013 収録
7月12日(金)東京 南青山 Body & Soul
7月13日(土)東京 山形 富岡本店-トミオカOpaホール
7月19日(金)東京 代々木 NARU - solo piano


※詳細
www.ayakoshirasaki.com
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015