ニュース

ポケモンのエンディング・テーマにエビ中が決定!

私立恵比寿中学   2013/01/15 15:43掲載
はてなブックマークに追加
ポケモンのエンディング・テーマにエビ中が決定!
 1月16日(水)に3rdシングル「梅」をリリースする私立恵比寿中学(エビ中)が、ツアー〈ウィンターデフスター極上ツアー2012-2013 〜KING OF GAKUGEEEEKAI of チュウ of LIFE〜〉の追加公演を「Zepp Tokyo」で開催! ステージでは、1月17日(木)放送より新章“エピソードN”に突入するテレビ東京系アニメ『ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2』(毎週木曜日19:00〜放送)の新エンディング・テーマを担当することを発表しました!

 大雪が降りしきる中、ライヴは今のエビ中の勢いを象徴するかのような熱い大歓声の中でスタート! 約2,000人の観客の掲げるカラフルなサイリウムが目に鮮やかなフロアを前に、この日初披露となる白い衣装に身を包んで登場したメンバーは、アルバム『エビ中の絶盤ベスト〜おわらない青春〜』から、「エビ中一週間」「ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜」で会場をひとしきり盛り上げると、受験シーズン真っ只中にある受験生への応援歌として、エビ中らしいエールを込めた新曲「踊るガリ勉中学生」(シングル「梅」サブカル盤収録)を初披露!

 アンコールでは、メンバー廣田あいか(出席番号6番)の「新しいエビ中ファミリーを紹介します」の呼び込みで、ピカチュウが登場。エビ中が担当する同アニメ新エンディング・テーマのタイトルが「〈サクラ・ゴーラウンド〉です!」と鈴木裕乃(出席番号8番)より発表。……すると、松野莉奈(出席番号9番)の「明後日発売のシングルが“梅”なのに、その次が“サクラ”なのおかしくない?」の至極最もな問いに会場は爆笑! これを受けた安本彩花(出席番号5番)の「いきあたりばったりだから、そういうことになるんですね」との身も蓋もない発言……に続き、ピカチュウと「永遠に中学生」を共演!

 この後に行なわれたピカチュウとの合同記者会見では、「同じくポケットモンスターのエンディングを担当した先輩のももいろクローバーZさんに続いて紅白を目指しますか?」との質問に、真山りか(出席番号3番)は「昨年はTVでももクロ姉さんを応援するだけでしたが、今年は私たちもももクロ姉さんと共に紅組で戦いたいです!」と熱い意気込みを語りました!


私立恵比寿中学
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015