ニュース

ポケモンのエンディング・テーマにエビ中が決定!

私立恵比寿中学   2013/01/15 15:43掲載
はてなブックマークに追加
ポケモンのエンディング・テーマにエビ中が決定!
 1月16日(水)に3rdシングル「梅」をリリースする私立恵比寿中学(エビ中)が、ツアー〈ウィンターデフスター極上ツアー2012-2013 〜KING OF GAKUGEEEEKAI of チュウ of LIFE〜〉の追加公演を「Zepp Tokyo」で開催! ステージでは、1月17日(木)放送より新章“エピソードN”に突入するテレビ東京系アニメ『ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2』(毎週木曜日19:00〜放送)の新エンディング・テーマを担当することを発表しました!

 大雪が降りしきる中、ライヴは今のエビ中の勢いを象徴するかのような熱い大歓声の中でスタート! 約2,000人の観客の掲げるカラフルなサイリウムが目に鮮やかなフロアを前に、この日初披露となる白い衣装に身を包んで登場したメンバーは、アルバム『エビ中の絶盤ベスト〜おわらない青春〜』から、「エビ中一週間」「ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜」で会場をひとしきり盛り上げると、受験シーズン真っ只中にある受験生への応援歌として、エビ中らしいエールを込めた新曲「踊るガリ勉中学生」(シングル「梅」サブカル盤収録)を初披露!

 アンコールでは、メンバー廣田あいか(出席番号6番)の「新しいエビ中ファミリーを紹介します」の呼び込みで、ピカチュウが登場。エビ中が担当する同アニメ新エンディング・テーマのタイトルが「〈サクラ・ゴーラウンド〉です!」と鈴木裕乃(出席番号8番)より発表。……すると、松野莉奈(出席番号9番)の「明後日発売のシングルが“梅”なのに、その次が“サクラ”なのおかしくない?」の至極最もな問いに会場は爆笑! これを受けた安本彩花(出席番号5番)の「いきあたりばったりだから、そういうことになるんですね」との身も蓋もない発言……に続き、ピカチュウと「永遠に中学生」を共演!

 この後に行なわれたピカチュウとの合同記者会見では、「同じくポケットモンスターのエンディングを担当した先輩のももいろクローバーZさんに続いて紅白を目指しますか?」との質問に、真山りか(出席番号3番)は「昨年はTVでももクロ姉さんを応援するだけでしたが、今年は私たちもももクロ姉さんと共に紅組で戦いたいです!」と熱い意気込みを語りました!


私立恵比寿中学
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015