ニュース

スカート、稲垣吾郎と今泉力哉監督の初タッグ映画『窓辺にて』の主題歌を担当

スカート(澤部渡)   2022/07/05 12:57掲載
はてなブックマークに追加
スカート、稲垣吾郎と今泉力哉監督の初タッグ映画『窓辺にて』の主題歌を担当
 澤部渡のソロ・プロジェクト“スカート”が、2022年11月公開の映画『窓辺にて』の主題歌を担当することが決定。主題歌のタイトルは、映画タイトルと同じく「窓辺にて」で、澤部が映画のために書き下ろした楽曲となります。

 映画『窓辺にて』は、『愛がなんだ』『街の上で』『猫は逃げた』ほか次々と話題作を連発する稀代の映画監督・今泉力哉が監督を務めた新作。『半世界』など、次々と斬新な役柄に挑んできた稲垣吾郎を初めて主演に迎えた完全オリジナル作品で、今泉ワールドの特徴でもある“等身大の恋愛模様”に加え、これまで以上に“好きという感情そのもの”について深く掘り下げて描き切った、美しくてちょっぴり可笑しい大人のラヴ・ストーリーとなっています。

 澤部は本映画について「作曲のために見させていただいた『窓辺にて』はとても静かな映画なのに、見終わったあとには、のたうち回るようなエネルギーを感じていました。言葉にするのが難しいのですが、ありきたりな感情ではない分、“揺さぶられる”とも違う、“エモい”とも違う、妙な落ち着かなさが心地よかったのです。私は歌の中の登場人物が(喫茶店か、あるいは自分の部屋の)椅子に座り、そこから見えたものや、思ってしまったことを自分なりに処理しようとする曲を書きました。この曲も映画から『窓辺にて』という名前をいただき、内向きであるがゆえに外に向かってしまうエネルギーを持った曲になったと思います」とコメント。スカートらしい、ノスタルジー溢れる温かなポップスをぜひ劇場で聴いていただきたいところです。

 『山田孝之のカンヌ映画祭』(2017年)ではエンディング曲と劇伴を担当し、映画『恋は雨上がりのように』(2018年)の劇中音楽に参加、映画『空のレストラン』(2019年)は主題歌を務め、2021年にはアニメ『オッドタクシー』のOPテーマ「ODDTAXI」をPUNPEEとのコラボで務めるなど、これまで数々のアニメーション作品、映画、ドラマの劇伴などに携わってきた澤部。2021年12月15日には全曲タイアップシングルで構成された『海岸線再訪』を発売しています。



映画『窓辺にて』
2022年11月全国ロードショー決定
madobenite.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015