ニュース

SOFT BALLET、デビュー30周年記念の再発企画を9月よりスタート アナログ盤リリース

SOFT BALLET   2019/07/23 14:34掲載
はてなブックマークに追加
SOFT BALLET、デビュー30周年記念の再発企画を9月よりスタート アナログ盤リリース
 1989年9月25日にメジャー・デビュー、メンバー三者三様の耽美にして過激なヴィジュアル、エレクトロニック・ボディ・ミュージックをはじめとした同時代の洋楽を消化した楽曲と、卓越したサウンド・メイキングで、当時の日本の音楽シーンに衝撃を与えた3人組エレクトロ・ロック・ユニット、SOFT BALLET(ソフトバレエ)が、デビュー30周年を記念した再発プロジェクト「SOFT BALLET VINYL COLLECTION」を9月25日(水)からスタート。プロジェクト第1弾として、最初の解散を迎えるまでの活動第1期(1989〜95年)のオリジナル・アルバムが、初めてアナログ化されます。

 メジャー・デビュー日の9月25日にリリースされるアナログ盤は、1stアルバム『EARTH BORN』(完全生産限定盤 MHJL-102 3,700円 + 税)と2ndアルバム『DOCUMENT』(完全生産限定盤 MHJL-103 3,700円 + 税)の2タイトル。米国の巨匠エンジニア、バーニー・グランドマンがカッティングを担当しています。

 SOFT BALLETは、遠藤遼一、森岡 賢藤井麻輝により1988年結成。インディーズで活動の後、アルファレコードより、シングル「BODY TO BODY」とアルバム『EARTH BORN』でメジャー・デビュー。のちにビクターに移籍し、計6枚のオリジナル・アルバムを残し、1995年7月に1度目の解散。その後は各自ソロ活動を行ない、〈SUMMER SONIC 2002〉で7年ぶりに再結集しワーナーから2枚のアルバムをリリースしたものの、2003年12月に再び活動を休止。2014年に藤井と森岡が“minus(-)”を結成するも、2016年6月3日に森岡が急逝。再々結成の可能性は失われてしまいました。

 再発プロジェクト「SOFT BALLET VINYL COLLECTION」では、最初の解散を迎えるまでの“活動第1期(1989〜95年)”の計6枚のオリジナル・アルバムをアナログ盤で順次発売。ほかにも、SOFT BALLET30周年に関する様々な企画が現在進行中です。内容は決定次第、ソニーミュージックの特設サイトにて告知されます。

拡大表示拡大表示


■2019年9月25日(水)発売
SOFT BALLET
『EARTH BORN』

12inch vinyl 完全生産限定盤 MHJL-102 3,700円 + 税

[side A]
01. BODY TO BODY
02. HOLOGRAM ROSE
03. WITH YOU
04. BORDER DAYS
05. KO・KA・GE・NI

[side B]
01. L-MESS
02. SPINDLE
03. PASSING MOUNTAIN
04. EARTH BORN
05. BLACK ICE

■2019年9月25日(水)発売
SOFT BALLET
『DOCUMENT』

12inch vinyl 完全生産限定盤 MHJL-103 3,700円 + 税

[side A]
01. NO PLEASURE
02. MIDARA (PORTE DÉVERGONDÉE)
03. PRIVATE PRIDE
04. JARO '68
05. BELIEVE IN A BLUE WORLD

[side B]
01. ESCAPE
02. TWIST OF LOVE -Acoustic Version-
03. FAITH IS A
04. COMA BABY
05. AFTER IMAGES

SOFT BALLET 30TH ANNIVERSARY!!|otonano by Sony Music Direct (Japan) Inc.
www.110107.com/soft_ballet
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015