ニュース

周防正行監督作『舞妓はレディ』、上白石萌音が歌う主題歌シングル発売決定

周防正行   2014/06/11 14:52掲載
はてなブックマークに追加
 『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』など、その卓越した観察眼と徹底した取材力で、驚きと笑いと感動を生み出すエンタテインメントの巨匠、周防正行監督による最新作! 鹿児島弁と津軽弁がミックスされた少女が、京都の花街で舞妓を目指す『舞妓はレディ』は9月13日(土)より全国東宝系にて公開。

 また、本作で主人公を演じた、上白石萌音(かみしらいし もね)が劇中の役名“小春”名義で歌う主題歌「舞妓はレディ」がCDシングルとなって7月16日(水)に発売されることが決定しました。

 作詞を周防監督と種ともこ、作曲・編曲は周防監督作品で数々の楽曲を担当してきた周防義和が手がけた、主題歌「舞妓はレディ」。上白石は、「何回歌っても、とても楽しい歌。映画が公開されて、映画館を出たお客様が口ずさんでくれていたら嬉しいです。普段も朝から晩までずっと歌っているくらい歌が大好きなので、この曲をレコーディングできて、CDも発売できて本当に嬉しいです」とのこと! カップリングには、主人公が長谷川博己演じる言語学者“センセ”への淡い初恋に戸惑う気持ちを歌った「これが恋?」が収録されています。

 また、上白石は7月2日よりパリで開催される〈JAPAN EXPO〉に招待され、唄と踊りのパフォーマンスを披露することも決定! 『舞妓はレディ』にご注目ください。

最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015