ニュース

周防正行監督作『舞妓はレディ』、上白石萌音が歌う主題歌シングル発売決定

周防正行   2014/06/11 14:52掲載
はてなブックマークに追加
 『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』など、その卓越した観察眼と徹底した取材力で、驚きと笑いと感動を生み出すエンタテインメントの巨匠、周防正行監督による最新作! 鹿児島弁と津軽弁がミックスされた少女が、京都の花街で舞妓を目指す『舞妓はレディ』は9月13日(土)より全国東宝系にて公開。

 また、本作で主人公を演じた、上白石萌音(かみしらいし もね)が劇中の役名“小春”名義で歌う主題歌「舞妓はレディ」がCDシングルとなって7月16日(水)に発売されることが決定しました。

 作詞を周防監督と種ともこ、作曲・編曲は周防監督作品で数々の楽曲を担当してきた周防義和が手がけた、主題歌「舞妓はレディ」。上白石は、「何回歌っても、とても楽しい歌。映画が公開されて、映画館を出たお客様が口ずさんでくれていたら嬉しいです。普段も朝から晩までずっと歌っているくらい歌が大好きなので、この曲をレコーディングできて、CDも発売できて本当に嬉しいです」とのこと! カップリングには、主人公が長谷川博己演じる言語学者“センセ”への淡い初恋に戸惑う気持ちを歌った「これが恋?」が収録されています。

 また、上白石は7月2日よりパリで開催される〈JAPAN EXPO〉に招待され、唄と踊りのパフォーマンスを披露することも決定! 『舞妓はレディ』にご注目ください。

※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015