ニュース

声優・竹達彩奈のソロCDデビューがついに決定!

竹達彩奈   2012/02/10 15:14掲載
はてなブックマークに追加
声優・竹達彩奈のソロCDデビューがついに決定!
 2009年にアニメ『けいおん!』の“中野 梓”役でTV初レギュラーを飾り、新人ながらも、キュートなルックスとキャラクターイメージにぴったりの愛くるしい声で一躍ブレイクを果たした竹達彩奈。以降、多くのアニメでヒロインをつとめ、グラビア、映画出演、ライヴなど数多くの場で活躍、今最も人気のある若手女性声優の一人である彼女がシンガーとしてソロ・デビュー! シングル「Sinfonia! Sinfonia!!!」が4月11日(水)に発売されます。

 元シンバルズ沖井礼二と、サウンド・プロデューサー小林俊太郎のタッグによる「Sinfonia! Sinfonia!!!」は、沖井の持つ強力なポップネスとファンタジックな世界観、そして小林のプロフェッショナルなアレンジ・ センスが、竹達のキュートで弾けるような歌声と精妙にマッチ! 彼女が持つキャッチーなキャラクター性とその魅力を増幅させるような盛大なストリングス・アレンジが躍動する、華やかなピアノ・ロックに仕上がっています。

 竹達はデビュー曲について、「最初のイメージは、一人のヒロインの女の子が、周りにいるみんなを振り回しながら踊っているような……そんな感じでした。それを、主人公の男の子がクスクス笑いながら“しょうがないなぁ”と見守っている風景が見えて。やっぱり私は声優なので、歌も“声で表現することの延長線上”にあるものなんです。想像しないと、うまく表現できなくて……。だから“できるだけ曲のイメージを膨らませよう”というスタンスで取り組みました。とにかく、楽しい曲調を活かすために私自身が“楽しい”と感じた、その気持ちを歌に詰め込んでいくようなレコーディングでしたね。それと、この歌詞のヒロインの女の子は私をイメージしたらしいんです。確かに、イタズラ好きだったり、気まぐれだったりする点が似ているので、ちょっと照れくさい感じもあって(笑)」とコメント。

 膨らましたイマジネーションを、より完成された「Sinfonia! Sinfonia!!!」として結実させるべく、レコーディングからトラックダウンまで竹達自身が曲と密着していくかのような作業を伴いながら制作は進行したそうで、「最初の歌録りの後で自分が歌った歌を聴いてみたんですが、その時にすごい違和感があって。だから“なんかこれ“私”っぽくないです!”と、 歌い直させてもらいました。もちろん、意見を言わせてもらうとき内心はドキドキで(笑)。でも、曲がこのまま世に出た時に、胸を張って“これが今の私が詰まった、大切なデビュー曲です”と言えないのは嫌だと思ってしまって。でも、その後で沖井さんにお会いしたときに“僕はあのとき すごく感動したんだよ。歌い直したら、本当に良くなったしね”とおっしゃってくださって。もの作りにとって、意見のぶつけ合いは大切なことなんだなと改めて痛感しました。その後、楽器のレコーディングやトラックダウンにも立ち合わせていただいたんです。“自分の曲なんだから、生まれる過程を自分で見ないでどうするんだ!”と思って。そして私の歌を聴いて、元気になったり、ポジティヴになったり、幸せな気持ちになってくれたら一番嬉しいです。人それぞれ、傷つく許容量が違うことは理解しつつ、“考え方を変えたらきっと楽になるよ”って、私なりにいろいろな経験を通じてそう思うようになったので」と、語っています。

 シングル発売を記念し、様々な特典やイベントも実施予定。詳しくはスペシャル・サイト(ayanataketatsu.jp)をチェック! 2012年はフォトブック発売、ソロCD、イメージBlu-ray&DVDを3月から3ヵ月連続でリリース予定の竹達彩奈。今後も注目です。


※4月11日発売
●竹達彩奈「Sinfonia! Sinfonia!!!」
(初回限定盤 / CD+DVD:PCCG-01272 税込1,850円)
(通常盤 / CD only:PCCG-70136 税込1,350円)

[収録内容]
01. Sinfonia! Sinfonia!!!
(作詞・作曲:沖井礼二 / 編曲:New Old Stock(沖井礼二&小林俊太郎))
2. Strawberry☆Kiss
(作詞:宇徳敬子 / 作曲・編曲:小林俊太郎)
3. Sinfonia! Sinfonia!!!(Instrumental)
4. Strawberry☆Kiss(Instrumental)

※5月16日発売
■竹達彩奈イメージBlu-ray&DVD
(Blu-ray:PCXP-50078 税込4,900円)
(DVD:PCBP-52210 税込3,900円)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015