ニュース

ザ・バンド『カフーツ』50周年記念エディションが発売

ザ・バンド   2021/10/25 13:20掲載
はてなブックマークに追加
ザ・バンド『カフーツ』50周年記念エディションが発売
 ザ・バンド(The Band)が1971年に発表した4枚目のアルバム『カフーツ』の50周年記念エディションが、12月10日(金)に発売されます。開封動画が公開中。また、「カーニバル」(2021リミックス)がリリースされました。

 スーパー・デラックス・エディションは2CD + 1LP + 7インチ + Blu-rayからなり、ボブ・クリアマウンテンによるアルバム音源のニュー・ステレオ・ミックスのほか、CDのディスク2には1971年仏パリ・オリンピア・シアターで行なわれたライヴの未発表音源、Blu-rayにはアルバム音源の96kHz/24bitハイレゾ音源をステレオと5.1chでそれぞれ収録。さらには、「エンドレス・ハイウェイ」や「傑作をかく時」の初期ヴァージョンや別ヴァージョン、6曲分の初期テイク、アウトテイク、インストゥルメンタル・ヴァージョン、音数を減らしたミックスも聞くことができます。「カーニバル」「ザ・ムーン・ストラック・ワン」の2曲を収める7インチは日本盤のジャケットのレプリカに収められています。

 『カフーツ』50周年記念エディションは、スーパー・デラックス・エディションのほか、2CD、デジタル、180G LPブラック・ヴィニールおよび限定版180G LPブラック・ヴィニールの各フォーマットでも発売。

 これまでのザ・バンドの50周年記念エディションと同じく、今回の『カフーツ』もメイン・ソングライターであるロビー・ロバートソンが監修。ロバートソンの書き下ろしエッセイやロブ・ボウマン執筆の詳細なライナーノーツを掲載した全20ページのブックレット、バリー・ファインスタイン、リチャード・アヴェドン (メンバー全員が目を閉じている裏ジャケットの有名な写真) 、著名なニューヨークの画家 / イラストレーターのギルバート・ストーン(ザ・バンドのメンバーを引き延ばして描いた『カフーツ』表ジャケットの印象的なポートレート)の素晴らしい作品を複製したリトグラフ3点、オリジナル・レコーディング・セッションの歴史的なデータやその他の情報などが豊富に収められています。





ユニバーサル ミュージック
universal-music.co.jp/the-band
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015