ニュース

USインディ・シーンを代表するバンド、ザ・ナショナルの新作リリースが5月22日に決定!

ナショナル   2013/03/25 16:08掲載
はてなブックマークに追加
USインディ・シーンを代表するバンド、ザ・ナショナルの新作リリースが5月22日に決定!
 ヴァンパイア・ウィークエンドアニマル・コレクティヴらとともに、USインディ・シーンの最重要バンドとしてその名を連ねる5人組、ザ・ナショナル(The National)が、約3年ぶりとなるニュー・アルバム『トラブル・ウィル・ファインド・ミー(Trouble Will Find Me)』を5月22日にリリースすることが決定。

 2010年にリリースされた前作『ハイ・ヴァイオレット』は、全米チャート第3位、全英チャート第5位を記録しただけではなく、カナダやスウェーデン、ドイツなどさまざまな国でもトップ10入り。もちろん、同アルバムは数多くのメディアから大絶賛され、同年の年間ベストアルバムにも多数選出されました。

 さらに、イギリスで最大の音楽賞『ブリット・アワード』の“インターナショナル・ブレイクスルー・アクト”にノミネートされ、ここ日本でも2011年に行われた待望の初来日公演がソールド・アウトになるなど、全世界的にその名が一気に知られることとなりました。

 そんな彼らのニュー・アルバム『トラブル・ウィル・ファインド・ミー』は、NYのラインベックにあるクラブハウスでレコーディングされ、前作同様セルフ・プロデュースで制作。約22ヵ月にもおよぶ前作『ハイ・バイオレット』のツアーが終わった後、1〜2年ほど休もうと考えていた際にギタリストのアーロン・デスナーが新曲の元となるものを作っていたところから始まったのだそう。

 「『ハイ・バイオレット』までの10年間は、自分たちが出来ることを証明したく、何かを追い求めていた。それは自分たち自身の不安を反証させるためでもあったんだ。『ハイ・バイオレット』のツアー後、僕たちはようやくその域に達したと感じたよ。今はリラックスすることが出来る、自分たちの期待からではなく、もはや自分たちのアイデンティティを証明しなくてもいいんだ。」とヴォーカルのマットが語るように、現在バンドは今まで以上に良い状況となっている模様です。

 5月中旬から新作を携えて新たなツアーが始まる彼ら。さらに進化した彼らのニュー・アルバムとともに来日も期待したいところです!

※2013年5月22日(水)発売
ザ・ナショナル
『トラブル・ウィル・ファインド・ミー』



BGJ-10173 税込2,490円
日本盤はボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ 予定

[収録曲]
01. I Should Live in Salt
02. Demons
03. Don't Swallow the Cap
04. Fireproof
05. Sea of Love
06. Heavenfaced
07. This is the Last Time
08. Graceless
09. Slipped
10. I Need My Girl
11. Humiliation
12. Pink Rabbits
13. Hard to Find
※ボーナストラック収録予定
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015