ニュース

蔦谷好位置プロジェクト“KERENMI”、1stアルバム『1』からCharaら客演曲を先行配信開始

蔦谷好位置   2020/02/21 13:09掲載
はてなブックマークに追加
蔦谷好位置プロジェクト“KERENMI”、1stアルバム『1』からCharaら客演曲を先行配信開始
 2020年3月4日(水)の1stアルバム『1』の配信リリースを間近に控えた蔦谷好位置のプロジェクト“KERENMI”が、2月21日(金)より「KOTOSARA night and day feat. Chara, 高岩遼(SANABAGUN.)& GOODMOODGOKU」の先行配信をスタート。

 既に先行配信されているAbemaTV「月とオオカミちゃんには騙されない」挿入歌の「ROOFTOPS feat.藤原聡(Official髭男dism)」や、Spotify「日本バイラルトップ50」の週間1位を獲得し、Mrs. GREEN APPLEの大森元貴をヴォーカルに迎えた「103 feat. motoki ohmori」が注目されているKERENMI。アルバム『1』に先駆けて配信される「KOTOSARA night and day」は、YUKIとの“Chara + YUKI”や荒田 洸WONK)とのコラボレーションでも話題のCharaのほか、SANABAGUN.THE THROTTLEのフロントマンとして存在感を発揮している高岩 遼、北海道旭川市出身のラッパー / プロデューサーのGOODMOODGOKUという異色の組み合わせともいえる3名をフィーチャーした、メロウでスウィートな楽曲に仕上がっています。

 KERENMIを主宰する蔦谷は「2019年のバレンタインデーに僕の新しいスタジオ〈HAO labo2.0〉ができて、最初に歌いに来てくれたのがCharaでした。その時にCharaが言った〈ラブリーなスタジオだね〉って言葉をそのままレコーディングしたような曲になりました。Chara、高岩 遼の対照的でいて絶妙に絡み合う歌声とGOODMOODGOKUのエロくて最高にクールなリリックを堪能してください」とコメント。高岩は「この度、高岩 遼のストーリーで初となるフィーチャリング参戦。まこと光栄です。私的にはエロティックを担当させていただきました次第です。KERENMI氏による美しくチルなビートにGOODMOODGOKU氏のフロウとリリック、Chara氏のソー・セクシーな唄声が乗っかりまして、ことさら昼・夜問わず、night and dayでハマるバラッドがここに誕生」と語り、GOODMOODGOKUも「この曲に参加出来て光栄です。感謝感激 make it rain !!!」とメッセージを寄せています。

拡大表示


■2020年3月4日(水)配信開始
KERENMI
『1』


[収録曲]
01. The Day
02. Play the Game feat. SALU & Michael Kaneko
03. ROOFTOPS feat. 藤原聡(Official髭男dism)
04. KOTOSARA night and day feat. Chara, 高岩遼(SANABAGUN.)& GOODMOODGOKU
05. からまる feat. 大比良瑞希
06. Over Night feat. 玉名ラーメン
07. ひとつになりたい feat. 奇妙礼太郎
08. 103 feat. motoki ohmori
09. Beautiful Eyes feat. Michael Kaneko & hasama
10. ROOFTOPS -Piano Ver.-feat. 藤原聡(Official髭男dism)

KERENMI Official Site
www.toysfactory.co.jp/artist/kerenmi
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015