ニュース

ザ・トワイライト・サッド、モグワイが主宰するRock Actionと契約 新曲を公開

トワイライト・サッド(Twilight Sad)   2018/07/11 13:57掲載
はてなブックマークに追加
ザ・トワイライト・サッド、モグワイが主宰するRock Actionと契約 新曲を公開
 スコットランドを拠点に活動するポストパンク / ドリーム・ポップ・バンド、トワイライト・サッド(The Twilight Sad)が、モグワイが主宰するレーベル「Rock Action」と契約し、新曲「I/m Not Here[missing face]」を公開。

 「Rock Action」への移籍についてフロントマンのジェームズ・グラハムは「彼ら(モグワイ)のレーベルに所属していると言えること、これまで彼らが僕たちに与えてくれたことに対する恩返しを日々できるということ……モグワイは早い段階から僕らをツアーに連れ出してくれて、ロバート・スミスにも紹介してくれた。つねにサポートしてくれた彼らのレーベルの一員になれることにすごく興奮しているよ」と語っています。

(新曲の)歌詞の背景にあるのは、僕がつねに抱えている“自分のことを好きになれない”という葛藤。良い人間であるように心がけるが、いつでも自分や、自分の大切な人をがっかりさせているように感じているんだ
――ジェームズ・グラハム / vo

エリック・サティの〈Ogives〉を再現したかったんだけど、僕はピアノが苦手で、それは無理だった。だから代わりにそれに似たコード進行の音楽を思いついたんだ。だから僕に言わせればこれはひどいカヴァー音源でもあるんだ
――アンディ・マクファーレン / g



■2018年7月10日(火)配信開始
ザ・トワイライト・サッド
「アイム・ノット・ヒア[ミッシング・フェイス]」

※配信のみ
税込250円 / Apple Music / Spotify
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015