ニュース

内橋和久とインドネシアの音楽家による〈犬島サウンドプロジェクト Inuto Imago〉開催決定

内橋和久   2016/06/24掲載(Last Update:16/06/28 17:38)
はてなブックマークに追加
内橋和久とインドネシアの音楽家による〈犬島サウンドプロジェクト Inuto Imago〉開催決定
 瀬戸内海エリアの島々を舞台に開催されるトリエンナーレ〈瀬戸内国際芸術祭 2016〉。7月18日(月)より夏会期がスタートする同芸術祭の一環として、〈内橋和久「犬島サウンドプロジェクト Inuto Imago」〉が8月22日(月)から9月4日(日)にかけて岡山・犬島にて開催されます。

 同プロジェクトでは、アルタードステイツでの活躍や数々のプロデュースワークで知られるギタリスト / 作・編曲家 / プロデューサーとしてのみならず、〈ビヨンド・イノセンス〉の主宰や大阪・新世界 BRIDGE(2007年閉店)の運営などを通じてあらゆる音楽をフィードバックと共に包括する活動を展開中の内橋和久が、実験的音楽デュオ“SENYAWA”としても活動するインドネシアはジャワ島・ジョグジャカルタの音楽家、ルリー・シャバラ&ヴキール・スヤディー、インドネシア・バンドン出身のマルチ・インストゥルメンタリスト、イマン・ジンボットと共に犬島に滞在。期間中ライヴハウスを設立するほか、犬島の音 / 音楽を探求するワークショップの開催、かつて犬島で歌われていたという“犬島音頭”を島民と共に復活させる試みなど、様々な企画を繰り広げます。

 チケットの取り扱いは6月25日(土)より開始。学生(高校生以上)割引や15歳以下割引も用意されており、いずれも帰路の宝伝港〜岡山駅間送迎バス乗車代込み。詳しくは〈内橋和久「犬島サウンドプロジェクト Inuto Imago」〉オフィシャル・サイト(inuto-imago.com)にてご確認ください。

拡大表示拡大表示

この島は観光地ではありません。私達はよそ者です。でも一旦この島を訪れたら、その不思議な魅力に心を奪われるでしょう。そしてあなたの第二の故郷になるかもしれない。そんな島です。愛想はないけど、とても心が温かくて誇り高き素晴らしい島民の人達に出会うでしょう。訪れた他の人達とも自然に声を交わし、自然の声にも無意識に耳を傾けるでしょう。現存している美しい造形に深い歴史を感じ、過去にここに住み着いた人々のことを想うでしょう。
私はここに歌を残そうと思います。この先もずっと、この島の歴史のかけらになるような。そして訪れた人達の心に残るような。毎日がそのためのお祭りです。
遊びに来てください。

――内橋和久

瀬戸内国際芸術祭 2016 犬島パフォーミングアーツプログラム
内橋和久「犬島サウンドプロジェクト Inuto Imago」

inuto-imago.com
www.facebook.com/inutoimago

2016年8月22日(月)〜9月4日(日)
岡山 犬島
出演: 内橋和久 / ルリー・シャバラ / ヴキール・スヤディー / イマン・ジンボット ほか

[チケット]
一般 前売 2,800円 / 当日 3,000円
学生割引 前売 / 当日 2,000円(高校生以上・当日身分証明書要提示)
15歳以下 前売 / 当日 1,200円

※チケット料金には、お帰りの宝伝港から岡山駅までの送迎バス乗車代を含みます。行きについては各自ご手配ください。
※作品鑑賞パスポート割引: 当日受付時に作品鑑賞パスポート提示で一般価格より200円割引返金


[チケット取扱]
2016年6月25日(土)〜
・プリコグ(WEB / peatix)
precog-jp.net/tickets
・NPO法人アートファーム事務局 086-233-5175(11:00〜17:00)
www.artfarm.or.jp
・ぎんざや 086-222-3244(10:00〜18:30)
・岡山シンフォニーホールチケットセンター 086-234-2010(10:00〜18:30)
・犬島精錬所美術館チケットセンター 086-947-1112(10:00〜17:00)
・直島(宮浦港)インフォメーションセンター 080-2853-5853(8:30〜18:00) *
・瀬戸内国際芸術祭総合インフォメーションセンター(高松) 087-813-2244(7:00〜20:00) *

* 瀬戸内国際芸術祭2016夏会期(7月18日より)期間中のみ取扱
※当日券は犬島内の公演受付ブースでのみ取り扱います


[注意事項]
※バリアフリー対応は致しかねます(車いすなどをご利用の方は事前にご相談下さい)
※仮設ライブハウスでの公演となりますので、雨天の際は雨合羽などを各自ご準備の上ご来場ください(台風など荒天の場合は中止)。
※チケットはおひとりさま1枚、当日限り有効です
※ライブの途中中止の場合は、チケットの払い戻しは致しません。
※犬島精錬所美術館 / 犬島「家プロジェクト」 / シーサイド犬島ギャラリーの鑑賞料は含みません。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015