ニュース

UNCHAIN、配信ライヴで最新アルバム全曲を含む全15曲を“本能”でパフォーマンス

UNCHAIN   2021/04/19 12:55掲載
はてなブックマークに追加
UNCHAIN、配信ライヴで最新アルバム全曲を含む全15曲を“本能”でパフォーマンス
 UNCHAINが、4月18日に約2年半振りのオリジナル・アルバム『Animal Effect』のリリース記念としてワンマン配信ライヴ〈TRY-Angle vol.2〜Effective Animals〜〉を開催し、新アルバムの楽曲を中心に計15曲を披露。圧巻のパフォーマンスで視聴者を魅了しました。

 アルバム『Animal Effect』は、2020年のメンバー脱退後初のアルバム作品で原点回帰しながらも、新体制として再出発したバンドの進化をも感じさせる作品になっており、どのようなアレンジでライブパフォーマンスをするのか注目が集まっていました。

拡大表示

 谷川正憲(vo,g)のしっとりとした鍵盤の旋律からライヴがスタートし、カメラアングルが広角になっていくと、3人の立ち位置は、お互いの絆を再確認するかのように“トライアングル”に向かい合っていました。

 球体のLEDライトが幻想的な雰囲気を創り上げる中、最新アルバム収録曲の中で初めに制作された「Choices」で幕が上がり、「Wait For The Sun」「Roar」「Not Too Late」と新曲を次々と投下。初披露となる楽曲は、ライヴアレンジがされてはいるものの、音源にも引けを取らない完成度を誇っていました。

 「改めてUNCHAINです。今日は、オンラインの世界でお楽しみください。新体制の我々を余すことなく全部見せようと思うので、最後まで楽しんでください」と谷川がライヴへの決意を語ります。

拡大表示

 UNCHAIN結成当初の谷川&谷浩彰(b,cho)によるツインヴォーカルスタイルを思い出させる、ヴォーカルの掛け合いを堪能できる「Like A Star」、「Dark Horse」でライヴ中盤を彩っていきます。

 その後も、竹内アンナが作詞した「Touch My Soul」を谷川の甘美なヴォーカルで歌い上げ、重厚なベース音とドラミング中心に構成された「Dive Into Deep」でもスキルの高さを見せつけるかのような圧巻のプレイで惹き込んでいきます。

 ライヴも終盤に差し掛かると、最新アルバム以外の楽曲を続けて披露。3人体制でのアレンジで演奏し、今までのライヴパフォーマンスとの違いが楽しめるブロックでした。「Kiss Kiss Kiss」では、ギター・ベース・ドラムから生み出される音がシンクロし、心地よいリズムが形成され、アウトロでは谷のテンションも上がり、“Once Again!”と絶叫するシーンも見られました。続く「Libyan Glass」は、同期を使わず各メンバーのプレイを押し出したことで、スキルフルなパフォーマンスがより堪能でき、ライヴバンドとしての新たな挑戦の姿勢を感じさせました。

拡大表示

 ここで改めて谷川がMCを行います。「新体制でニューアルバムを出して、3人でこのステージに立つまですごく大変でした。結成25周年になる我々は、この3人でバンドを始めて、また3人に戻ったんですが、改めてバンドを組んだ感じなんですよ」。吉田昇吾(ds)も、「心機一転な感じです」とコメント。すると、谷も「紆余曲折ありましたけども、こうして3人で立たせてもらえてるのは嬉しい限りですね」と話しました。谷川は続けて「本当に3人だけじゃ今日という日はなくて、色々なスタッフや観てくれている皆さんがいてくれるので。まだまだ3人で頑張っていきますので、新人バンドを見るかのように新生UNCHAINをよろしくお願いします。最後まで楽しんでくれたら嬉しいです」と話し、「Stay Broken」「deracine」とさらに新曲をパフォーマンス。

 「この3人のUNCHAINがこれからどんなことができるのか、それを模索しながらも進んでいくのでこれからも応援をお願いします」と谷川が告げ、新アルバムのリード曲「Elephant Ship」、至極のダンスナンバー「Show Me Your Height」で締めくくりました。最後に、谷が「配信ライヴをやって楽しかったんですが、やっぱり生のライヴがしたいなと。その時まで元気で、みんな元気に会いましょう!ピース!」と感謝を述べ、ライヴは終了しました。

 今回のライヴで印象的だったのは、やはり同期を使わないプレイスタイルであり、自分たちのスキルのみでライヴに臨む姿勢でした。彼らは、まさに“本能のまま”にプレイしているよう。そしてこの姿こそが、新体制となったUNCHAINの意志であり、UNCHAINのライヴだと確信しました。

 新生UNCHAINが生み出す今後から目が離せません。

拡大表示

Photo by ヤマダマサヒロ

配信ライヴ UNCHAIN 『TRY-Angle vol.2〜Effective Animals〜』
セットリスト
1.Choices
2.Wait For The Sun
3.Roar
4.Not Too Late
5.Like A Star
6.Dark Horse
7.Touch My Soul
8.Dive Into Deep
9.Dear Jay
10.Kiss Kiss Kiss
11.Libyan Glass
12.Stay Broken
13.deracine ※「e」の上に「'」が付きます
14.Elephant Ship
15.Show Me Your Height


[アーカイブ]
4月24日(土)23:59まで視聴可能
3,500円(税込)
eplus.jp/sf/detail/0182300002?P6=001&P1=0402&P59=1
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト
[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015