ニュース

WEBER、約2年4ヵ月ぶりのニュー・アルバム『evolution』リリース決定&ヴィジュアル公開

WEBER(Dance Vocal Unit)   2021/08/04 13:19掲載
はてなブックマークに追加
WEBER、約2年4ヵ月ぶりのニュー・アルバム『evolution』リリース決定&ヴィジュアル公開
 6月に新曲「Keep It a Buck」をリリースしたWEBERが、2019年6月リリースのアルバム『deception』以来、約2年4ヵ月ぶりとなるアルバム『evolution』を10月27日(水)にリリースすることが決定。あわせて、新アーティスト写真が公開されています。

 今作には、2020年にリリースされた「Uno Dos Tres」、6月にデジタル・シングルとしてリリースされた「Keep It a Buck」はもちろん、6月26日(土)、27日(日)に東京・Veats Shibuyaで行なわれたライヴで初お披露目となり、好評を得た「Hello Sunshine」「GET LIT」「Let‘s get loud」など、全10曲を収録予定。

 初回限定盤Aには、5月に行なわれた鮮やかな映像演出が記憶に新しいファニコンでのライヴ映像が、初回限定盤Bには、6月に渋谷Veatsで実施されたツアー・ファイナルから新曲と、意気込みが語られている映像が、それぞれ特典DVDとしてリリースされる予定となっています。今後もリリース関連情報など、盛りだくさんの活動内容をお届けしていくとのこと。詳細はSNSなどをご確認ください。

[コメント]
今回のアルバムに関して主なテーマとして「変化」というコンセプトがあります。
今というものが1秒後には過去になるように色々なモノや景色、流行や時代がみるみる変わっていきます。
そして僕らはそれに順応していく。
時代性を切り取れば誰も予想のできない出来事が起こり、当たり前を当たり前とも思えなくなって、正解も不正解もみんな自分の中で手繰り寄せて必死になって…。僕らはその様々な変化にしがみついてきました。

でも
“変わっていくモノ”
のなかに必ずある
“変わらないモノ”

このアルバムでは、変わらないモノを守るために、変わっていくこと僕らWEBERの覚悟を詰め込みました。
僕らが今できること。
いろんな過去を背負って新たな一歩を踏み出します。
ただ、それは僕らだけのことではなくて日常にも転がっていることだと思います。
恋人のそばにいてあげられない時、友達の約束を破ってしまった時、家族と喧嘩をしてしまった時、

「自分がもっとこうだったら…」
「自分がもっとこうしていれば…」

変わっていくモノが多いほど見えてくるかけがえのない大切なもの。その中で少しでも、

「変わりたい」
「守りたい」

自分のなかに湧き上がってくるものがある時、このアルバムを聴いていただければ間違いなく、その心に火を灯せると思います。
そして勇気と覚悟を持って走り出す後押しが必ずできると思います。みなさんを焚き付けられる1枚になりました

ニューアルバム「evolution」。これが今の“WEBER”です!

――WEBER Taka.

■2021年10月27日(水)発売
WEBER
『evolution』

初回限定盤A -Keep- CD + DVD VIZL-1958 5,500円(税込)
初回限定盤B -Change- CD + DVD VIZL-1959 5,500円(税込)
通常盤 CD VICL-65583 3,300円(税込)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015