ニュース

結成50周年の四人囃子、3CD BOX『Ride on SEE・SAW』発売 ライヴ配信も実施

四人囃子   2021/02/26 13:49掲載
はてなブックマークに追加
結成50周年の四人囃子、3CD BOX『Ride on SEE・SAW』発売 ライヴ配信も実施
 今年活動50周年を迎える四人囃子が、70年代後半ポニーキャニオンSEE・SAWレーベル時代に発表した『PRINTED JELLY』『』『NEO-N』の3枚の各アルバムに、「ハレソラ」の未発表マンドリン・イントロ音源を含むアウトテイクとシングル「拳法混乱(カンフージョン)」を追加したスペシャル・ヴァージョン3枚組ボックスを3月3日(水)に発売します。

 新たにデジタル・リマスターを施し、通常CDプレーヤーで再生する高音質のUHQCDとしてファンに届けます。ボックスに同梱されるブックレットには、当時を良く知る関係者による貴重な解説と当時の写真が掲載されます。

 また、ポニーキャニオンショッピングクラブ(PCSC)販売の特典DVD(外付け)は、『包』発売時、東京・日比谷野外音楽堂にて行なわれた伝説の〈四人囃子ワンマン・コンサート 包〉の映像(約25分)。こちらは過去未収録の秘蔵映像となります。

[コメント]
四人囃子と名乗ってから50年、レコードデビューから45年となりました。
1974年から1979年の間に5枚のアルバムを発表し、決して他アーチストに比べて数が多いとは言えないライヴパフォーマンスを展開しつつ、それなりに“次”を掲げて活動していました。1989年には10年ぶりとなる新作の発表とコンサートを実施出来ました。
その後、集えるメンバーの変遷を伴いながらも断続的に再結成・リイシューを中心に続ける事が出来たのは、ひとえに“四人囃子”を支持して下さる方々の後押しによるものです。
2000年当初、ミュージシャン仲間や友人から「バヤシはメンバーが揃うじゃない、やれる時にやっておかないと勿体無いぜ」の言葉を貰った事が、今に続く全ての原点です。
近年になって、悲しいかなメンバーは一人二人と欠けていき、リユニオンも難しくなりつつあります。
でも四人囃子は結果として人物を世に問う集団ではなく、作品性を問いかける集団であります。好不評は付き物ですが、その時代背景に媚びずとも反応する事が信条です。
Ride on SEE-SAWは、断続的となる活動歴史の中の“断”の前の作品の集大成となります。
多種多様に発展した時代において、どなたかの価値観を形成するコラージュアイテムの一つにでもなってくれたら、それも幸せだと思います。その発売日にスピンオフ四人囃子ライヴをやります。チケットはソールド・アウトしていますが、ライヴ配信も同時に行いますので、よかったら観て下さい。

――岡井大二

■2021年3月3日(水)発売
四人囃子
『Ride on SEE・SAW』

3CD(UHQCD) BOX + 特典DVD SCCA-00111 6,500円 + 税
ポニーキャニオンショッピングクラブ限定商品(購入予約受付中)
ps.ponycanyon.co.jp/yoninbayashi

『スピンオフ四人囃子 feat. 根本要&西山毅』 EX THEATER ROPPONGI
2021年3月3日(水)
配信オープン 18:30 / 配信スタート19:00
配信チケット 3500円
w.pia.jp/t/s-4nin
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり
[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015