ニュース

YOU THE ROCK★、11年振りのフル・アルバムをリリース THA BLUE HERBが全面プロデュース

YOU THE ROCK★   2021/03/01 18:07掲載
はてなブックマークに追加
YOU THE ROCK★、11年振りのフル・アルバムをリリース THA BLUE HERBが全面プロデュース
 YOU THE ROCK★が、全曲O.N.OTHA BLUE HERB)によるビート、THA BLUE HERBによる全面プロデュースとなる11年振りのフル・アルバム『WILL NEVER DIE』を5月12日(水)にリリース。

 YOU THE ROCK★とTHA BLUE HERB。このドラマの発端は遥か20年以上前まで遡ります。当時東京で日本のヒップホップの頂に居たYOU THE ROCK★、そしてそんな東京主導のシーンに馴染めず地元札幌から発ったTHA BLUE HERB。意地と意地がぶつかり合うヒップホップにおいて、両者が相容れないものとして衝突するのは当時の状況からは避けられないものでもあり、事実THA BLUE HERBはYOU THE ROCK★をディスし、攻め込む形でシーンにおける居場所を作っていきました。ただ、YOU THE ROCK★とILL-BOSSTINO、ラッパー同士としての邂逅は幸運にもその直後から始まり、同い年ということもあり、両者の距離は年を追う毎に狭まっていきます。

 ILL-BOSSTINOの別名義“tha BOSS”のアルバム収録曲「44 YEARS OLD」において両者の初のコラボレーションは実現し、その後も主にライヴで共演を重ねてきました。そして唐突にこの時は訪れたのです。2019年末、中目黒の居酒屋で呑んでいたYOU THE ROCK★とILL-BOSSTINO。酔いの弾みで「O.N.Oのビートで2人で1曲創ってみたら」という話が転がりに転がり、「どうせならアルバムまでやろう」と、今作の構想にまで一夜にして一気に辿り着いたのです。本格的な動きは翌年の2020年夏から。YOU THE ROCK★が単身札幌まで来てO.N.Oのスタジオに連日通って、2人だけの制作を秋まで続けていました。O.N.Oにとって、このYOU THE ROCK★という稀代の表現者との1対1の作業がどれ程までに彼の創作意欲を刺激したかは、本作に収められたビートの多彩さ、表現の広さ、開放感に十二分に表れています。そしてレコーディングは12月から、これも札幌で行われました。ここからILL-BOSSTINOも制作全般に加わり、スクラッチにはDJ DYEが参加して、文字通りTHA BLUE HERBのプロデュースの元、YOU THE ROCK★の声が吹き込まれていったのです。

 また、このアルバムから3月31日(水)に先行で7インチをリリースします。タイトルは「MOVE THE CROWD, ROCK THE HOUSE / T.O.U.G.H.」。数は多くないので予約がお薦めです。

■2021年5月12日(水)発売
YOU THE ROCK★
『WILL NEVER DIE』

生産限定盤 2CD TBHR-035 4,000円
通常盤 CD TBHR-036 3,000円

■2021年2021年3月31日(水)
YOU THE ROCK★
「MOVE THE CROWD, ROCK THE HOUSE / T.O.U.G.H.」

7インチ TBHR-048 1,600円

[SIDE A]
01. MOVE THE CROWD, ROCK THE HOUSE

[SIDE B]
01. T.O.U.G.H.
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015