ニュース

障がい者の音楽コンテスト〈ゴールドコンサート〉15周年 出場エントリーを受付中

湯川れい子   2018/01/15 12:38掲載
はてなブックマークに追加
障がい者の音楽コンテスト〈ゴールドコンサート〉15周年 出場エントリーを受付中
 NPO法人「日本バリアフリー協会」による障がい者の音楽コンテスト〈ゴールドコンサート〉の開催が決定。初開催から15周年を迎える今年は、音源でのエントリーに加え、大阪・沖縄での地方大会からの選抜者も含む10組が10月6日(土)に東京国際フォーラム・ホールCで行われる本戦に出場します。本戦の審査員長は、音楽評論家 / 作詞家として活躍する湯川れい子。グランプリ受賞者には、音楽活動支援金として30万円が贈呈されます。

 障がい者の能力や可能性の高さを広く知らしめるという意義も持ち、過去の出場者がメジャー・デビューを果たすなど、近年では“障がい者の音楽祭”“障がいを持つミュージシャンの登竜門”としての役割も担う〈ゴールドコンサート〉。応募詳細などについては、イベントのオフィシャル・サイトにてご確認ください。

15周年ゴールドコンサート
gc.npojba.org

[音源エントリー]
募集期間: 2018年1月1日(月)〜5月6日(日) / 必着
応募資格: 障がいをもっていること。障がいの種類(身体・知的・精神・発達・内部等)不問。グループの場合、メンバーのうち障がい者が主な役割を占めていること。プロ / アマ、ジャンル、性別、年齢、住所、国籍不問。本戦に参加できる方。
募集内容: 応募者が歌唱または演奏(オリジナル・コピー・カバー可)する5分以内(厳守)の1楽曲。ジャンルは不問。
※本戦の演奏時間は5分です。必ず5分以内の楽曲にて応募ください。

[応募方法]
・郵送応募: ゴールドコンサートのホームページより応募用紙をダウンロードするか、電話にて問合せ。用紙に必要事項を記入の上、音源を同封して郵送。音源はCD、DVD、カセットが受付可能。
※他の媒体での受け付けはできませんのでご注意ください。
・Web応募: ゴールドコンサートホームページから指定のWeb応募フォームに沿って応募手続き。音源はmp3、wma、aac、aif、m4a のファイル形式が受付可能。
※wavや映像ファイルなどは無効となりますのでご注意ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015