ニュース

Yasei Collectiveらが参加するZA FEEDOが2ndEPを発表 リリース・ツアーも決定

ZA FEEDO   2018/03/14 12:08掲載
はてなブックマークに追加
Yasei Collectiveらが参加するZA FEEDOが2ndEPを発表 リリース・ツアーも決定
 “フューチャリスト・ポリリズミック・トロピカル・バッドアス・フジヤマサウンド”を掲げるエクスペリメンタル・ポップ・バンド、ZA FEEDOが、2nd EP『Passengers』(POCS-1682 1,800円 + 税)を4月25日(水)にリリース。

 ZA FEEDOは、作詞・作曲を手がけるヴォーカル / シンセ / エフェクト担当の沖 メイ、Yasei Collectiveのメンバーとしても知られる中西道彦(b)と松下マサナオ(ds)の3人で構成。さらにYasei Collectiveのギタリスト斎藤拓郎がサポートとして参加。リアルタイム・エフェクト・ヴォーカルとエレクトリック・サウンド、それを支える鉄壁のリズム隊が独自のサウンドを構築する、日本のポップ・ミュージック・シーンで異彩を放つ存在です。

 1stアルバム『2772』(2016年)からおよそ1年半で発表される本作は、エレクトロ・ポップにジャズやR&Bの要素をブレンドさせたオリジナリティあふれるサウンドがさらに先鋭化。ゲスト・ミュージシャンには、Yasei Collectiveの別所和洋(key)をはじめ、ヨシンバの朝倉真司(perc)、ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンドなどで活動する佐瀬悠輔(tp)、NRQなどでも活躍する二胡奏者の吉田悠樹、シンガー・ソングライターの入江 陽CRCK/LCKSのリーダー小西 遼といった豪華な顔ぶれが揃っています。

 また、EP発売に合わせて、リリース・ライヴ・ツアー〈2nd バドアス EP“Passengers”Release フジヤマツアー!〉の開催も決定。5月25日(金)東京・下北沢 BASEMENT BARで行なわれるツアー初日には、来日中のKNOWERからルイス・コールのゲスト出演が発表されています。

■2018年4月25日(水)発売
ZA FEEDO
Passengers

POCS-1682 1,800円 + 税

[収録曲]
01. ユートピアへ
02. だとしたら
03. You will be there
04. ルーティン
05. ロストマイパスト
06. ここから


ZA FEEDO
2nd バドアス EP“Passengers”Release フジヤマツアー!


2018年5月25日(金)
東京 下北沢BASEMENT BAR
出演: ZA FEEDO / ルイス・コール(from KNOWER)
toos.co.jp/basementbar

2018年5月31日(木)
愛知 名古屋 TOKUZO
出演: ZA FEEDO / 中村佳穂BAND / RADIACTIVE
www.tokuzo.com

2018年6月1日(金)
京都 NANO
出演: ZA FEEDO / 中村佳穂
livehouse-nano.com

2018年6月2日(土)
大阪 堺 ROUTE26
出演: ZA FEEDO / mahol-hul / SaraGrace's OneHotNight / tatalaYAVZ / parallelogram
www.route26.jp/shop
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015