リサーチ

火曜サスペンス劇場のエンディング

2003/07/15掲載
はてなブックマークに追加
今現在の火曜サスペンス劇場のエンディングは玉置浩二です。この前は女性が歌っていたと思っているのですが、誰のなんという曲かわかりますか?ちょっと中森明菜に似た声なのですが。
 火曜サスペンス劇場のエンディング曲は?と聞かれて岩崎宏美?と答えてしまう人はもう古いみたいです。「聖母たちのララバイ」が流れはじめたのは81年という事ですからその歴史の長さには驚かされますね。現在は安全地帯の「出会い」が流れていますが、その前の女性ヴォーカルといいますとANRIの「Tears in Crystal」(01年10月〜02年5月)か工藤静香の「深紅の花」(00年10月〜01年10月)あたりではないでしょうか。中森明菜の曲はエンディングにはなっていないようです。ご質問の曲は後者ではないかなと思いますが、この際両方ともチェックしてみることをオススメします。この2曲もそうですが歴代のエンディングを思い浮かべてみると、高橋真梨子竹内まりや沢田知可子などといった女性の情を歌った楽曲が圧倒的に多く、かなりはっきりと主婦層をターゲットにした番組なんだなあと実感しますね。少しチープに感じなくもない殺人事件と大はりきりで行動力抜群のヒロインが走り回って犯人に狙われ、いい男(?)に助けられる、という単純なお話ばかりではない!と“火サス”ファンの主婦が申しておりました。HPにはストーリーやキャスト紹介の他、主題歌情報へのリンクもありますので、チェックしてみてください。ついでに申し上げておきますが‥エンディング曲よりも有名かもしれないCM前曲(劇的なアイキャッチ音楽のような)の作者もお問い合せしたのですが、お返事いただけませんでした。その着メロのダウンロード情報はHPにありますよ。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015