CDJournal.com  |  求人  |  お問い合わせ
 [ home > 商品案内(一般) > CDジャーナル・ムック > 60sロック自伝 鮎川誠 著 ]
 一覧
[出版]
 CDジャーナル
 ムック
[web]
 CDジャーナルweb
'60sロック自伝
鮎川誠 著
2006年6月2日発売
A5判 248頁
本体1,800円 + 税
雑誌コード:64371-13
【品切れ】
『ロックのない人生なんか、考えられんよ』
…'60sロックの魅力をリアルに綴った鮎川誠 初のロック自伝!

ローリング・ストーンズのように死ぬまでロック一筋で転がりつづけていくシーナ・アンド・ザ・ロケッツ鮎川誠が語り下ろした60年代ロックの歴史。
R&Rの歴史をリアル・タイムで体験し、人生をロック一筋に賭けた鮎川誠が、個人的回想と共に、'60sロックの恐るべき魅力と謎を解明してゆく。

本書のプロデュースは『ビッグ・コミック・オリジナル』 の長寿人気連載「こだわりの店」 他で知られる“食の狩人”こと伊丹由宇
[ 鮎川誠 '60sロック自伝 特設サイト・オープン!! ]
■Introduction ロックン・ロールとの遭遇
“ロックン・ロール”で、俺の人生が始まった
■Part 1 ビートルズ登場――時代との核融合  
俺の人生を決定づけた、ビートルズとの出逢い
■Part 2 ブリティッシュ・インヴェイジョン
恐るべきイギリスの勢の大攻撃!
■Part 3 世界最強のライヴ・バンド、ローリング・ストーンズ
ブルースこそが、ストーンズの原点だった
■Part 4 アメリカにおける改革と黒人音楽
ブラック・ミュージックの台頭
■Part 5 ボブ・ディラン、フォーク・ロックからサイケへ 
世紀のカリスマ、ボブ・ディラン体験
フォーク・ロック&フラワー・ムーヴメント
極彩色のサイケデリック・ロック
■Part 6 ‘60sロックとホワイト・ブルース       
キンクスが創造した不思議な世界
破天荒ロックの創始者、ザ・フー
ホワイト・ブルースと、ヤードバーズ伝説
クリームの衝撃
忘れ得ぬ愛しきロック・バンド
■Part 7 ‘60sロックの完成
俺のバンド体験
ハード・ロック、へヴィ・メタルの隆盛
ROCKの頂点に立ったレッド・ツェッペリン
■鮎川 誠が選ぶ’60sシングル&アルバム          
■鮎川 誠VS伊丹由宇 チャート談義
■シングル・ベスト100
■アルバム・ベスト100

【著者】鮎川誠(あゆかわ・まこと)
1948年、福岡県生まれ。九州大学卒。
70年、ブルース・ロック・バンド、サンハウスのギタリスト / コンポーザーとしてデビュー。78年シーナ・アンド・ザ・ロケッツ結成。以降27年間にわたりロックのパイオニアとして疾走し続け、そのロック・スピリットと“カッコよさ”は多くのファンに尊敬と憧れを抱かれている。ジャパニーズ・ロックの至宝。

著書にロックのエッセンスを網羅した『200CDロックンロール(俺たちの愛したパンク / ロック / ブルース)』(Gakken社・刊)、ロックとパソコンの関わりを描いた『DOS / Vブルース』(幻冬舎)などがある。

Copyright © ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd.