ニュース

スマッシング・パンプキンズ、復活を正式発表!

2006/04/24掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 昨年6月、地元シカゴの新聞にビリー・コーガンが復活を熱望する新聞広告を出し、その動向が注目されていた、スマッシング・パンプキンズ。その期待の大きさからか、フェス出演の噂がいくつも流れるなど憶測が飛び交っていましたが、いよいよその復活を正式に宣言! 公式サイトにて“it's official”と発表しています。

 発表によれば、すでに復活アルバムの曲作りを開始しているそうで、夏頃にはレコーディングに入る予定とのこと。参加メンバーについては明記されていませんが、新たにマネージメント契約を交わしたアゾフ・マネージメントによれば、ビリー・コーガンのほか、ドラマーのジミー・チャンバレンが参加しているそうで、また2代目ベーシストのメリッサ・アウフ・ダー・マウアが参加に前向きとの話もあり。オリジナル・アルバムとしては、2000年作『マシーナ/ザ・マシーンズ・オブ・ゴッド』(写真)以来となる新作は年内には発売されるのでは?と言われていますので、今後の情報にもご注目を!
続報
スマッシング・パンプキンズ、復活作の制作を開始
バンド公式HPにて新作のレコーディングが現在行われている、と発表。プロデューサーにはクイーンやザ・ダークネスなどで知られるロイ・トーマス・ベイカーが起用されているようです。なお発売時期はまだ未定です。
[ 2006/08/17掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015