ニュース

バッド・レリジョンのヴォーカル“グレッグ・グラフィン”、ソロ・デビュー!

2006/05/19掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 先日開催された“PUNKSPRING 2006”にて、堂々たる大トリ・ステージングをつとめましたバッド・レリジョン。ブレット・ガーヴィッツ(g)をはじめ、その大御所たる迫力とオーラを醸し出すメンバーの中でも、シビれるような歌心を披露しているグレッグ・グラフィン(vo)がこのたびソロ・デビュー! EPITAPH傘下のANTIより、1stソロ・アルバム『Cold As The Clay』を発表致します。THE WEAKERTHANS(元プロパガンディのJohn K. Samson(vo,b)が在籍)をバック・バンドに、たくましき喉を震わすグレッグさんに感動! バンド時とは一味違うフォークの風薫るサウンドをお楽しみください。US盤は7月11日、日本盤(EICP-640 \2,520(税込))は7月12日の発売です。

●グレッグ・グラフィン『コールド・アズ・ザ・クレイ』
(EICP-640 \2,520(税込))
1. Don't Be Afraid to Run
2. Omie Wise
3. Cold as the Clay
4. Little Sadie
5. Highway
6. Rebel's Goodbye
7. Talk About Suffering
8. Willie Moore
9. California Cotton Fields
10. The Watchmakers Dial
11. One More Hill
※上記トラック・リストはUS盤
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
[インタビュー] “シンガー・ソングライターとして”前に進むための一歩、山森大輔『銀のピストル』[インタビュー] 踊Foot Worksみたいなヤツ、いなくない? 自由奔放な音楽の魅力が詰まった『odd foot works』
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015