ニュース

“5人目のビートルズ”ビリー・プレストン死去

2006/06/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ビートルズローリング・ストーンズとの共演で知られるミュージシャン、ビリー・プレストンが、6日、米西部アリゾナ州の病院で他界しました。享年59歳。死因は明らかにされていませんが、腎移植手術が失敗し2005年11月から意識不明の状態が続いていたようです。

 ビリー・プレストンは、1946年、テキサス州ヒューストン生まれ。10代で本格的な音楽活動に入り、62年に16歳でレコード・デビュー、この年、ハンブルクのスター・クラブでビートルズと出会います。65年にはレイ・チャールズのバック・バンドに参加し、67〜8年に行なわれたワールド・ツアーにサポート・メンバーとして同行。また69年1月、ジョージ・ハリスンの誘いでビートルズの“ゲット・バック・セッション”に参加し、「レット・イット・ビー」や「ゲット・バック」などの楽曲で印象的な演奏を繰り広げました。アップル・ビルの屋上で行なわれたビートルズ最後のライヴ演奏ではエレクトリック・ピアノを担当、“5人目のビートルズ”と称されるほどの存在感を見せました。その後、アップル・レコードから2枚のアルバムと4枚のシングルを発表し、71年にA&Mへ移籍。72年に発表された「アウタ・スペース」がアメリカで2位まで上がる大ヒットを記録。この曲でグラミー賞“ベスト・ポップ・インストゥルメンタル”を受賞しました。

 また、ローリング・ストーンズとの親交も深く、アルバム『スティッキー・フィンガーズ』『メイン・ストリートのならず者』などのレコーディングにも参加。73年のツアーでは前座として出演し、また75/76年のツアーではサポート・メンバーとして参加するだけでなく、ストーンズをバックに自身の曲を2曲披露するなどしました。90年代に入ると薬物中毒や保険金詐欺事件などのスキャンダルに見舞われ、その後は、ゴスペル音楽などの分野で活動を続けていたようです。(写真は『ミュージック・イズ・マイ・ライフ』)心からのご冥福を申し上げます。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015