ニュース

チンドン・ミクスチャーの鬼才集団、シカラムータがライヴ盤を発売!

2006/08/17掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ソウル・フラワー・モノノケ・サミットや、篠田昌巳ユニットへの参加で知られるクラリネット奏者大熊ワタルが中心となり結成された、アヴァンギャルド、ジャズ、ロック、お囃子、ブラス……ありとあらゆる“グルーヴ・ミュージック”を取り入れた鬼才集団CICALA-MVTA(シカラムータ)の“公式”ライヴ・アルバム『生蝉★cicala-mvta★live! 2006』(TLCA-1021 \2,500(税込))が9月27日にリリースされます。(写真は近作『ゴースト・サーカス』)
 今作のシカラムータ参加メンバーは、大熊ワタル(クラリネット他)、桜井芳樹(ギター)、川口義之(サックス)、太田惠資(ヴァイオリン)、関島岳郎(チューバ)、吉田達也(ドラム)、渡辺明子(トロンボーン)、こぐれみわぞう(チンドン)。栗コーダーカルテット渋さ知らズなどをはじめとした異彩を放つ音楽ユニットで活躍する個性派アーティストが揃っています。また、この東京、大阪、京都にてアルバム発売記念ライヴも予定されているとか。(大阪公演には想い出波止場津山篤と吉田達也の生活密着型プログレ・ユニット赤天がゲスト!)
 吉田達也の変拍子ドラムとこぐれみわぞうのスラッシュ・チンドン太鼓がぶつかりあうさまはまるで渦潮!まるでタラフ・ドゥ・ハイドゥークスが日本に帰化したかのようなグルーヴの大洪水をぜひご確認あれ!


■2006年9月27日発売
シカラムータ『生蝉★cicala-mvta★live! 2006』
TLCA-1021 \2,500(税込)

収録予定曲目(曲順、収録曲数など未定)

ヘラクリオン
STARA PLANINA
不屈の民
ターキッシュ・ダンス
アルバート・テイラー・メドレー 他

≪お詫び≫
「大阪公演には赤犬がゲスト」とお伝えしましたが、正しくは赤天がゲストとなります。お詫びして訂正させていただきます。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015