ニュース

生誕20周年記念作品『真・仮面ライダー 序章(プロローグ)』がDVD化

2007/12/12掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 仮面ライダー生誕20周年を記念し、1992年にオリジナル・ビデオ作品として発売された『真・仮面ライダー 序章(プロローグ)』がDVD作品(BCBS-3255 税込5,040円/写真)として復刻! バンダイビジュアルより2008年4月25日に発売されます。

 『真・仮面ライダー 序章(プロローグ)』は、仮面ライダーの原点である改造人間の悲哀を強調した大人向けの特撮作品。グロテスクな部分が強調された仮面ライダーの姿や、性的な描写も含まれるなど、TVシリーズとは一線を画す作風が特徴で、ストーリー展開もハードなものとなっています。出演は石川功久(現・石川真)、野村裕、原田大二郎高嶋政伸ほかで、監督は辻理、音楽は宇崎竜童、脚本は宮下隼一と小野寺丈が担当。またスーパーバイザーとして雨宮慶太も参加しています。

 オリジナルのビデオ発売から16年の月日を経ての初DVD化となった本作。残念ながらシリーズ展開はされず、続編は制作されなかった作品であったものの、“真”の仮面ライダー誕生の物語を描いた作品であるだけに、仮面ライダー好きなら必見! ファンはこのチャンスにぜひ!


『真・仮面ライダー 序章(プロローグ)』(BCBS-3255 税込5,040円)
≪あらすじ≫
若きオートレーサー・風祭 真(石川功久)は、科学者である父・大門(石浜 朗)の指揮する細胞研究プロジェクトに自ら志願し被験者となる。だが、その研究の裏には、所長・氷室 厳(原田大二郎)の不信な行動と、謎の組織「財団」の影が……。その直後、多発する奇怪な連続殺人事件―― 殺人の記憶を持つ真は、はたして犯人なのか?!

≪封入特典≫
ライナーノート

≪スタッフ≫
・原作:石ノ森章太郎
・監督:辻理
・音楽:宇崎竜童
・脚本:宮下隼一・小野寺丈
・スーパーバイザー:雨宮慶太
・キャラクター造型:レインボー造型企画
・アクション監督:金田 治(JAC)
・特撮監督:矢島信男

≪キャスト≫
石川功久(現:石川真)/野村裕美/原田大二郎/石浜 朗/片岡弘貴/塚田きよみ/安藤麗二/高嶋政伸(友情出演)

*カラー/(予)90分/ドルビーデジタル(ステレオ)/片面2層/スタンダード

(c)1992 東映・東映ビデオ・石森プロ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015