ニュース

平沢進がイタリアのデス・メタル系ヴォーカリストとの共作を発表

2008/05/22 15:19掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 日本を代表するサウンド・クリエイターの平沢進が、イタリア人ヴォーカリストとの共作を発表! イタリアのデス・メタル/ダーク・エレクトロ・シーンで活躍するリッカルド・ブレット(Riccardo Brett)によるプロジェクト“InhVmaN”との連名で、シングル「Tetragrammaton(テトラグラマトン)」(CHTE-0043 税込1,575円)を発表します。

 リッカルド・ブレットは、Arkham Asylumというデス・メタル・プロジェクトへの参加のほか、自らはダークなエレクトロ・プロジェクト“InhVmaN”を主催し、ヴォーカルを主体にしたマルチ・プレイヤーおよびプロデューサーとして活躍している人物。 
 シングルには2人が共作した全3曲を収録。リッカルドのダーク・ヴォイスと平沢のハイトーン・ヴォイスが出会った、壮大な“エレクトロ・ダーク・シンフォニー”に仕上がっているようです。発売は6月25日を予定。日本とイタリアを結んで生まれた異色のコラボ作にご注目ください! (写真は平沢進の『映像のための音楽〜平沢進サウンドトラックの世界』
続報
平沢進とイタリアのデス・メタル系ヴォーカリストとの共作、試聴開始
公式サイトの作品ページにて表題曲「Tetragrammaton」の試聴がスタート! 異色のナンバーをぜひご体験ください。
[ 2008/06/19掲載 ]


●Susumu Hirasawa&InhVmaN「Tetragrammaton(テトラグラマトン)」(CHTE-0043 税込1,575円)
01. Pan Daimon Aeon
02. Tetragrammaton
03. No Mourn…
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015