ニュース

平沢進がイタリアのデス・メタル系ヴォーカリストとの共作を発表

2008/05/22 15:19掲載
はてなブックマークに追加
 日本を代表するサウンド・クリエイターの平沢進が、イタリア人ヴォーカリストとの共作を発表! イタリアのデス・メタル/ダーク・エレクトロ・シーンで活躍するリッカルド・ブレット(Riccardo Brett)によるプロジェクト“InhVmaN”との連名で、シングル「Tetragrammaton(テトラグラマトン)」(CHTE-0043 税込1,575円)を発表します。

 リッカルド・ブレットは、Arkham Asylumというデス・メタル・プロジェクトへの参加のほか、自らはダークなエレクトロ・プロジェクト“InhVmaN”を主催し、ヴォーカルを主体にしたマルチ・プレイヤーおよびプロデューサーとして活躍している人物。 
 シングルには2人が共作した全3曲を収録。リッカルドのダーク・ヴォイスと平沢のハイトーン・ヴォイスが出会った、壮大な“エレクトロ・ダーク・シンフォニー”に仕上がっているようです。発売は6月25日を予定。日本とイタリアを結んで生まれた異色のコラボ作にご注目ください! (写真は平沢進の『映像のための音楽〜平沢進サウンドトラックの世界』
続報
平沢進とイタリアのデス・メタル系ヴォーカリストとの共作、試聴開始
公式サイトの作品ページにて表題曲「Tetragrammaton」の試聴がスタート! 異色のナンバーをぜひご体験ください。
[ 2008/06/19掲載 ]


●Susumu Hirasawa&InhVmaN「Tetragrammaton(テトラグラマトン)」(CHTE-0043 税込1,575円)
01. Pan Daimon Aeon
02. Tetragrammaton
03. No Mourn…
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015