ニュース

平沢進がイタリアのデス・メタル系ヴォーカリストとの共作を発表

2008/05/22 15:19掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 日本を代表するサウンド・クリエイターの平沢進が、イタリア人ヴォーカリストとの共作を発表! イタリアのデス・メタル/ダーク・エレクトロ・シーンで活躍するリッカルド・ブレット(Riccardo Brett)によるプロジェクト“InhVmaN”との連名で、シングル「Tetragrammaton(テトラグラマトン)」(CHTE-0043 税込1,575円)を発表します。

 リッカルド・ブレットは、Arkham Asylumというデス・メタル・プロジェクトへの参加のほか、自らはダークなエレクトロ・プロジェクト“InhVmaN”を主催し、ヴォーカルを主体にしたマルチ・プレイヤーおよびプロデューサーとして活躍している人物。 
 シングルには2人が共作した全3曲を収録。リッカルドのダーク・ヴォイスと平沢のハイトーン・ヴォイスが出会った、壮大な“エレクトロ・ダーク・シンフォニー”に仕上がっているようです。発売は6月25日を予定。日本とイタリアを結んで生まれた異色のコラボ作にご注目ください! (写真は平沢進の『映像のための音楽〜平沢進サウンドトラックの世界』
続報
平沢進とイタリアのデス・メタル系ヴォーカリストとの共作、試聴開始
公式サイトの作品ページにて表題曲「Tetragrammaton」の試聴がスタート! 異色のナンバーをぜひご体験ください。
[ 2008/06/19掲載 ]


●Susumu Hirasawa&InhVmaN「Tetragrammaton(テトラグラマトン)」(CHTE-0043 税込1,575円)
01. Pan Daimon Aeon
02. Tetragrammaton
03. No Mourn…
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
[インタビュー] お箏ほどしっくりくる楽器はない――筝曲界の新星LEO、箏の可能性を追求するデビュー・アルバム[インタビュー] 今まででいちばん“物語”だけど、いちばん“自分”だと言える 吉澤嘉代子『屋根裏獣』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015