ニュース

PROGRESSIVE FOrMの最新コンピレーションがリリース

miyauchi yuri   2010/07/29 17:14掲載
はてなブックマークに追加
 青木孝允、徳井直生、半野喜弘ほか錚々たる顔ぶれが輩出、近年も若き才能Ametsubを世に送り出し、日本を代表するエレクトロニック・ミュージック・レーベルとして活動を続けるPROGRESSIVE FOrM。同レーベルのコンピレーション・シリーズ“Forma.”に、2003年の『Forma.2.03』以来実に7年ぶりの第3弾『Forma.3.10』(PFCD-21 税込2,310円)が登場!8月11日発売。

 Marei Suyama(NGATARI)、miyauchi yuri、Sabi、Soonerなど、注目アーティストを多数収録の『Forma.3.10』。フロア・ライク、フォーキー、クラシカルと想起される言葉はあれど、エレクトロニック / クラブ・ミュージックや“○○トロニカ”といった枠に収めることのできない個性的な面々が集結。強いて共通点を挙げるとすれば、美しいサウンドとメロディ、確かな作曲センス。幅広いファン層の心に響くであろう珠玉の書き下ろし楽曲群が詰まった、今を知るにうってつけのインストゥルメンタル・コンピレーションとなっています。


『Forma.3.10』
01. Yuanyuan / Alarmist
02. Seiji Takahashi / Gion
03. Nakagawa Takuma a.k.a. Nobi / Smoke
04. Jun Nishimura / Falcon
05. Caelum / Kyrie
06. Tessei Tojo / Blue Fog
07. Miyauchi Yuri / bdq_
08. eater / Rhythm of Japanese Garden
09. Pawn / Morning Tone
10. Marei Suyama / Pidgin op.1
11. Minus Lex / Minus Lex
12. Junichi Akagawa / Flus
13. Sooner / Barely Confine
14. Serph / Scenery
15. Sabi / Loose Contruulled
16. Geskia! / Viola
17. Taishin Inoue / Voices in Cells
18. Chisato Ohori / Caitokali

〈New Sounds of Tokyo Vol.6〉
8月22日(日)東京 青山 Spiral B1F EATS and MEETS Cay
出演:EVADE / kadan / Luis Nanook / Miyauchi Yuri / NGATARI / Ametsub
開場 / 開演 16:30
前売 2,500円 / 当日 3,000円
メール予約&フライヤーご持参 2,700円(共に別途1ドリンク)
ローソン(L: 76602)
店頭販売: EATS and MEETS Cay / SPIRAL RECORDS
メール予約: PROGRESSIVE FOrM(idp@kt.rim.or.jp)
お名前(フルネーム)、ご連絡先、ご希望枚数をお知らせください。
※お問い合わせ: EATS and MEETS Cay 03-3498-5790
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015