ニュース

<ニコニコ大会議2010-11全国ツアー 〜ありがとう100万人〜>in 高崎が開催!

2010/12/16 15:26掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
<ニコニコ大会議2010-11全国ツアー 〜ありがとう100万人〜>in 高崎が開催!
 12月15日(水)、TAKASAKI club FLEEZ(群馬県高崎市)にて、「ニコニコ動画(原宿)」によるライヴ・ツアー<ニコニコ大会議2010-11全国ツアー 〜ありがとう100万人〜 in 高崎>が開催! 今回のライヴでは、会場となったTAKASAKI club FLEEZ、そして「ニコニコ生放送」(http://live.nicovideo.jp/)にて、合計12万人以上がニコニコアーティストたちのパフォーマンスに熱狂!

 <ニコニコ大会議2010-11全国ツアー 〜ありがとう100万人〜>のスタート地となる群馬・高崎。そのトップバッターとして登場したのは、「歌ってみた」カテゴリで活躍する「らむだーじゃん」!

 今回が初の大会議出演、そして初の顔出しということで、会場もコメントも一気に盛り上がる中、緊張気味ながらも、代表作の一つと言える「君の体温/クワガタP」を力強く歌い上げ、全国ツアーの先陣を切る。

 続いて姿を見せたのは、「弟の姉」と「藤山晃太郎」。「弟の姉」は高い歌唱力とセンスある替え歌、オリジナル曲で人気の歌い手であり、「藤山晃太郎」は江戸古典奇術“手妻(和妻とも)”の継承者・手妻師でありながら、ニコニコ動画ではまったく関係のない動画を投稿して人気を博したという、異色の経歴の持ち主。

 和服で登場した2人は、今夜のために用意したというスペシャルなコラボ・ライヴを展開。弟の姉の生演奏と歌に合わせ、藤山晃太郎が取り出したのは1枚の半紙。それを折って蝶を作ると、今度は2枚の扇子で蝶を飛ばし、まるで生きているかのように空中で操り始める……。これこそが、彼の本業である古典奇術・手妻の演目“蝶のたはむれ(手妻)”。思わず息をのむ幻想的な美しさに、観客と視聴者コメントでは大きな拍手が送られ
ていました。

 続いては、弟の姉がソロで弾き語りを披露。彼女の着物姿に歌詞がぴたりとハマった「黒髪少女/黒澤まどか」を迫力たっぷりに歌い、会場の空気を一気に塗り替える。これに視聴者からは、「引き込まれる」「この世界観がいい」と賞賛コメントが続々!

 そして、「桃箱」と「愛原圭織」が「ミツバチ(さつきがてんこもりver.) 」をダンス付きで歌った後は、これまでに登場した出演者が再びステージに登場。新たに歌い手の「みーちゃん」も加わって、ニコニコ電話でファンと交流。

 視聴者から当選したのは、妃織さんと咲葵さん。妃織さんから応援コメントを送られたらむだーじゃんは、「本当にありがとうございます!」と大興奮、ファンと直接話すことができる、ニコニコ電話ならではのコミュニケーションに感激していました!

 ニコニコ電話の後は、ライヴ後半戦へ。「みーちゃん」がソロでロック・ナンバー「死にたがり/梨本P」を歌い、いったんは落ち着いた会場のテンションも再度急上昇! そして、彼自ら「スペシャル兵器」と語ったサプライズ出演者、高校生の歌い手「しゃむおん」がステージへ……! これが初ライヴというしゃむおんは、終始緊張した様子を見せながらも、「いろは唄/銀サク」を熱唱。さらに、再び登場した「みーちゃん」と共に、大ヒットを記録したコラボ楽曲「え?あぁ、そう。/papiyon」を歌うと、会場のボルテージは最高潮に!




 最後はアンコールに応えて「ぼくとわたしとニコニコ動画/ヒャダイン feat. マーティ・フリードマン」を会場も一体となって合唱し、「ニコニコ大会議2010-11全国ツアー 〜ありがとう100万人〜 in 高崎」は幕を下ろしました!


■『ニコニコ大会議2010-11全国ツアー 〜ありがとう100万人〜 in 高崎』
http://live.nicovideo.jp/watch/lv305332
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015