ニュース

ヤマハによるVOCALOIDコンピの決定盤が発売!

2011/09/01 16:18掲載
はてなブックマークに追加
ヤマハによるVOCALOIDコンピの決定盤が発売!
 ヤマハミュージックコミュニケーションズが新レーベル「VOCALOID RECORDS」を立ち上げ、第一作目となるコンピレーションCD『THE VOCALOID produced by Yamaha』を9月14日に発売することが決定しました!

 『THE VOCALOID produced by Yamaha』は、VOCALOIDを生み出したヤマハが自ら企画・制作したコンピレーションCD。現在発売されている日本語VOCALOIDを全て網羅し、各VOCALOIDの有名楽曲をセレクト。最新技術「VocaListener(略称ぼかりす)」を使用したボーカルトラックのリファインやプロのエンジニアによるリミックス&リマスタリングが施され、ヤマハならではのクオリティの音を実現。また、今秋発売予定の次世代ヴァージョン「VOCALOID3:で作られた楽曲が世界で初めて収録されています。

 なおパッケージには、全てのキャラクターの公式設定資料集、各VOCALOIDの声を収録した声優・アーティスト、各P、絵師からの直筆メッセージ、VOCALOIDの歴史とコラムなどを収録した豪華48ページのブックレットが付属。必携です!


THE VOCALOID produced by Yamaha


※9月14日発売
『THE VOCALOID produced by Yamaha』
(YCCV-10001 税込2,300円
[収録曲]
01. Nostalogic (THE VOCALOID edit) / yuukiss【MEIKO】
02. 千年の独奏歌 / yanagi【KAITO】
03. みくみくにしてあげる♪【してやんよ】 / ika(ika_mo)【初音ミク】
04. ココロ / トラボルタ【鏡音リン】
05. 悪ノ召使 / mothy_悪ノP【鏡音レン】
06. ダンシング☆サムライ / mathru(かにみそP)【がくっぽいど(神威がくぽ)】
07. Just Be Friends / Dexie Flatline【巡音ルカ】
08. モザイクロール / DECO*27【Megpoid(GUMI)】
09. 風のただいま / つやつやP【歌愛ユキ】
10. Guilty Verse / ぺぺろんP【氷山キヨテル】
11. サテライト / ぺぺろんP【SF-A2開発コード miki】
12. リリリリ★バーニングナイト / samfree【Lily】
13. 月翅 / Sei-Peridot(SeikoP)【VY1】
14. GAJAPINAX / レントンP【ガチャッポイド(リュウト)】
15. 扉の向こう / hinayukki@仕事してP【猫村いろは】
16. 言葉メテオ / HYBRID SENSE【歌手音ピコ】
17. 硝子ノ華 / マチゲリータ【VY2】
18. Line / ゆよゆっぺ【Mew】

※「VocaListener(略称 ぼかりす)」使用によるチューンナップ曲:2、3、4、7、11、12
※VOCALOID3使用曲:18
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015