ニュース

英NME誌が選ぶ「いま一番見たいバンド」1位、平均年齢15歳のザ・ストライプス、デビュー!

2013/03/13 15:44掲載
はてなブックマークに追加
英NME誌が選ぶ「いま一番見たいバンド」1位、平均年齢15歳のザ・ストライプス、デビュー!
 大物アーティストが惜しみない賛辞を贈り、英NME誌が選ぶ「いま一番見たいバンド」1位にも選出された平均年齢15歳(!)、アイルランド発の4ピース・バンド、ザ・ストライプス(THE STRYPES)が、デビュー前にして、初の来日公演が決定! さらに日本独自企画のEPをリリースすることが決定!

 ザ・ストライプスは、アイルランドで2011年結成された4人組のリズム&ブルース・バンド。バンドは18ヵ月間、彼らの攻撃的なR&Bでアイルランド〜UK〜欧州のライブハウスやフェスティバルに出演、勢力的に活動し続けてきました。

 チャック・ベリーボ・ディドリーなどの筋金入りのブルース・ソングは荒々しく書き換えられて演奏され、さらに彼らは、英国を代表する激情的なブルース・バンド、ドクター・フィールグッドヤードバーズローリング・ストーンズアニマルズなどの毒っぽさも兼ね備えています。

 そんな彼らのパフォーマンスはジェフ・ベックポール・ウェラーなどの大物アーティストたちからも高い評価を受けています!

ポール・ウェラー
「最近、ザ・ストライプスを見たんだけど、ただ“ワォ!”って感じだよ。あのギターは最高だね。気持ちが奮い立つよ」

デイヴ・グロール
(彼がホストした「Chelsea Latelt」にてエルトンがゲストで来た際に)
「ザ・ストライプスは最高だね、信じられないよ。ほんとうにクールだと思う!」

エルトン・ジョン
「彼らは僕が65年かけて蓄積したR&Bの知識を16歳にして持っているんだよ。彼らとは僕のうちで日曜日の昼食を共にしたんだけど、彼らが部屋に入ってくるなりに思ったね、“この子たちはスターだ−まるでザ・ビートルズのようじゃないか”って。彼らは本当に最高だし、すばらしいミュージシャンだ」

カール・バラー
(ザ・リバティーンズ、ダーティー・プリティ・シングス)from the Strypes Facebook
「ザ・ストライプスは作られたバンドじゃない。彼らはただ彼らの情熱とその才能に純粋であるだけだ。彼らの才能ゆえに引き起こされる誇大な宣伝をねたむなんてことは単なる大馬鹿だ。変わりたいのか、変わりたくないのか。ただ時は来たんだよ」

 4月3日に発売される日本独自企画のEP『ブルー・カラー・ジェーン− 日本独自企画 EP』には、2曲のオリジナル曲と、ウィリー・ディクソンやボ・ディドリーらの5曲のカヴァーを収録。

 「ザ・ローリング・ストーンズの初期3枚のアルバムには、それぞれオリジナル曲が3曲あっただけ、ザ・ビートルズだって初めのアルバムはカヴァーだけだよ」「これはブルースの伝統だよ、ただのカヴァーじゃないんだ、再解釈をして、改めて人々に聞いてもらうんだよ」と本人たちが語るだけあり、カヴァーへの並々ならぬ愛情と自信が感じられます。

 そして、彼らのデビュー前にして1日限りの来日公演が決定! 4月24日東京・渋谷クラブクアトロで行なわれます。チケットの一般発売は3月16日(土)〜。歴史的瞬間をお見逃しなく!

The Strypes - You Can't Judge A Book By The Cover .


■2013年4月3日(水)発売予定
ザ・ストライプス
『ブルー・カラー・ジェーン− 日本独自企画 EP』

UICR-1102 税込1,500円

[収録予定曲]
01.ブルー・カラー・ジェーン
02.ホワット・ザ・ピープル・ドント・シー
03.アイ・ウィッシュ・ユー・ウッド(ビリー・ボーイ・アーノルドのカヴァー)
04.ユー・キャント・ジャッジ・ア・ブック・バイ・ザ・カヴァー(ウィリー・ディクソン作、ボ・ディドリーのカヴァー。ザ・ヤードバーズ、エリック・クラプトン、ザ・ローリング・ストーンズなどもカヴァー)
05.29ウェイズ(ウィリー・ディクソンのカヴァー)
06.リーヴィン・ヒア(エディ・ホーランドのカヴァー。モーターヘッド、ザ・フー、パール・ジャムなどもカヴァー。)
07.アイ・ガット・ラヴ・イフ・ユー・ウォント・イット(スリム・ハーポのカヴァー、ザ・キンクスもカヴァー)


THE STRYPES来日公演

2013年4月24日(水)
東京 渋谷 CLUB QUATTRO
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 3,800円(税込 / スタンディング)
※お問い合わせ: SMASH 03-3444-6751
smash-jpn.com
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015