ニュース

西山 瞳、レギュラー・トリオによる新作を発表

西山瞳   2013/03/21 17:12掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 ジャズ・ピアニスト / コンポーザーとして活躍する西山 瞳がニュー・アルバム『シンパシー』(MT-004 税込2,500円)を4月10日に発表します。

 2011年に発表し、高い評価を得たアルバム『Music in You』と同様、佐藤“ハチ”恭彦(b)、池長一美(ds)とのトリオ編成による通算9枚目のアルバムで、ビル・エヴァンスの「ローリー」以外はすべて自身の作曲。『Music in You』の流れを汲みながらも、コンポーザーとしてのあらためて実感させてくれるアルバムに仕上がっています。エレガントで瑞々しいピアノは相変わらず。気心の知れた3人による、くつろいだなかにエレガンスを感じさせる演奏となっています。

 また、『Music in You』のアナログレコードが同時発売に。世界最大と言われるソングライティング・コンペティション、International Songwriting Competition 2009に入賞した「アンフォールディング・ユニバース」を収録するこのアルバムは、アナログでレコーディングしており、レコードではCDとは一味異なる音楽を聞かせてくれそうです。受注生産のため、ご希望の方はレコード店にご予約を。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “好きだ!”という気持ちをぶつける対象があるだけで、人生はとても豊かになる――寺嶋由芙が目指す“ゆるドル”とは[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」
[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品
[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」
[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015