ニュース

DJまほうつかい aka 西島大介、ニューEPをリリース!

DJまほうつかい   2013/07/10掲載(Last Update:13/07/12 22:30)
はてなブックマークに追加
 現在は広島を拠点とした活動を展開中の漫画家・西島大介。東京・渋谷 ワタリウム美術館にて7月6日より開催されている〈寺山修司展『ノック』〉のヴィジュアルや、和合亮一、遠藤ミチロウ、大友良英が代表を務める「プロジェクトFUKUSHIMA!」主催のイベント〈納涼!盆踊り〉メイン・ヴィジュアルなど話題ワークの続く彼が、音楽活動仕様の名義“DJまほうつかい”でのニューEP『All those moments will be lost in time EP』(windandwindows-02 / HEADZ-180 税込1,260円)をリリース!8月7日(水)発売です。

 新作は、蓮沼執太が主宰するポッドキャスト・プログラムより生まれたレーベル「ウインドアンドウインドウズ」第2弾リリースとして登場。リドリー・スコット『ブレードランナー』劇中にてレプリカント・ロイが今際の際につぶやく言葉をタイトルに冠した楽曲が4ヴァージョン収められています。近年力を入れているという生ピアノのみでの演奏にはじまり、郷拓郎のヴォーカルをフィーチャーしたdetune.によるエーテル・ポップな再構築ヴァージョン、前作EPのスタイルを継承、ダブルキックで疾走する“Metaltronica”ヴァージョン、suzukiiiiiiiiiiyoupy、柿本論理(三毛猫ホームレス)、伊藤拓史(CHAINS)を演奏陣に迎え京都 METROにて録音されたライヴ・ヴァージョンと、4曲入りながらヴォリュームたっぷりのヴァラエティ。ミックス / マスタリングは石塚周太(detune.)が担当、蓮沼執太によるライナーノーツも掲載。カヴァー・アートはもちろん西島大介自身によるものとなっています。

 7月20日(土)からは、広島〈魔Q少女M∀STERあらしZ オンリーイベント4 in 第52回日本SF大会こいこん〉出演を皮切りにツアー〈すべちょツアー2013〉がスタート!8月30日(金)の二階堂和美主催〈堂脈vol.8 x フェスティバルFUKUSHIMA! 2013〉出演まで5公演が決定しているDJまほうつかい。7月22日(月)からはNHK-FM「青春アドベンチャー」枠にて自著「世界の終わりの魔法使い」のオーディオドラマがスタート、7月28日(日)にはライター / 編集者・さやわかと共に講師を務める〈ひらめき☆マンガ学校〉も開講と盛りだくさんのスケジュールとなっています。

 また、EP発売日同日には映画「陽だまりの彼女」(10月12日 全国ロードショー / 監督 三木孝浩, 出演 松本 潤, 上野樹里ほか)の公開を記念したビーチ・ボーイズのミニ・アルバム『素敵じゃないか』(TOCP-71597 税込1,000円)がリリースに。映画原作小説(越谷オサム著 / 新潮社刊)の表紙同様、ジャケットを西島大介が担当しています。こちらも要チェック!

■2013年8月7日(水)発売
DJまほうつかい
『All those moments will be lost in time EP』

windandwindows-02 / HEADZ-180 税込1,260円
配信: total 税込600円 / 1 track 税込200円

[収録曲]
01. All those moments will be lost in time(Piano) / DJまほうつかい
02. All those moments will be lost in time(detune. version) / DJまほうつかい + detune.
03. All those moments will be lost in time(Metaltronica mix) / DJまほうつかい
04. All those moments will be lost in time(Live at KYOTO METRO) / DJまほうつかい x suzukiiiiiiiiii x youpy x 柿本論理(mochilon)x 伊藤拓史

DJまほうつかい
「すべちょツアー2013」


・7月20日(土)
“魔Q少女M∀STERあらしZ オンリーイベント4 in 第52回日本SF大会こいこん”
広島 アステールプラザ

・8月3日(土)
“ピースアーチヒロシマ 「HELLO HIROSHIMA」”
広島 ハノーバー庭園 多目的広場

・8月4日(土)
“瀬戸内国際芸術祭2013関連事業おとくち「Novel Sounds Gate」”
香川県観音寺市赤山路蒲鉾赤煉瓦倉庫

・8月18日(日)
“blacksheep / NEWアルバム「メビウス」発売記念ライブ!”
東京 新宿 PIT INN

・8月30日(金)
“堂脈vol.8 x フェスティバルFUKUSHIMA! 2013”
広島 横川シネマ!!
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015