ニュース

劇団マツモトカズミ〈新・幕末純情伝〉即完につき追加公演が開催決定

2014/12/15 10:06掲載
はてなブックマークに追加
劇団マツモトカズミ〈新・幕末純情伝〉即完につき追加公演が開催決定
 来年1月7日(水)〜11日(日)にかけて東京・新国立劇場で上演される、gmk produce(劇団マツモトカズミ)による舞台〈新・幕末純情伝〉のチケットが即日完売となり、このたび追加公演が決定しました。

 戦後の演劇界に一時代を築いた“演劇界の風雲児”こと、つかこうへいの代表作でもある〈新・幕末純情伝〉は、幕末の京都を舞台に「新撰組の沖田総司が実は女性だった」というユニークな着想をもとに展開される、幕末エンタテインメント。

[写真左から: 山崎裕太 / 春川恭亮(劇団EXILE) / 多和田秀弥 / 西平風香 / 武田恭平 / 小澤雄太(劇団EXILE) / 石塚義之(アリtoキリギリス)]

 そして、劇団マツモトカズミが2015年、これまで幾度となく上演され続けてきたこの有名作品を、ドラマ・舞台を中心に活動している期待の新人、西平風香を“沖田総司”役に抜擢、“坂本龍馬”役には〈舞台タンブリング〉での熱演が印象的な武田航平が、“土方歳三”役を〈テニミュ〉での好演が記憶に新しい多和田秀弥が演じ、そこに「劇団EXILE」の小澤雄太春川恭亮、さらに実力派俳優の山崎裕太らが加わり、熱い幕末恋物語を展開します。

 脇を固めるのは、小沼将太、小谷昌太郎宮川浩明石塚義之アリtoキリギリス)ら。また、演出を川本淳市、主宰・総合演出を松本和巳(劇団マツモトカズミ)、プロデューサーを西村信吾(PIPELINE PROJECT)がそれぞれつとめるとのこと。

 そんな〈新・幕末純情伝〉、8公演すべてのチケットが即日完売となったことを受け、このたび1月7日(水)13:00〜(予定)公開ゲネプロ、1月8日(木)13:00〜追加公演を行なうことが決定。チケットは12月27日(土)の一般発売に先駆け、イープラスにて12月15日(月)18:00〜17日(水)18:00までプレオーダー(先行予約)で抽選申し込みを実施。購入しそびれた人はオフィシャル・サイト(gekidan.biz/)をチェックしましょう(公開ゲネプロも購入可能)。

gmk produce(劇団マツモトカズミ)
舞台〈新・幕末純情伝〉

gekidan.biz/
小さい頃から男として育てられ、ただひたすら剣の修行をしてきた孤独な女性・沖田総司。新撰組に入ってからは、土方歳三に想いを寄せるものの、そこに坂本龍馬が加わって恋の三角関係と、幕末を舞台とした歴史ドラマが同時に進行していく。今回の舞台では、土方歳三役を『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』で青学の手塚国光役を演じた多和田秀弥が、坂本龍馬役を『タンブリング Vol.4』で木庭役を演じた武田航平が務める。西平、多和田、武田のほか、小澤雄太(劇団EXILE)、春川恭亮(劇団EXILE)、尾関陸、出口哲也(劇団スーパー・エキセントリック・シアター)、小沼将太、小谷昌太郎、宮川浩明、石塚義之(アリtoキリギリス)、山崎裕太が出演する。

2015年1月7日(水)〜11日(日)
9ステージ / 2時間30分(休憩あり)
東京 新国立劇場 小劇場
2015年1月7日(水)18:30
2015年1月8日(木)18:30
2015年1月9日(金)13:00 / 18:30
2015年1月10日(土)12:30 / 17:00
2015年1月11日(日)12:30 / 17:00

・公開ゲネプロ
2015年1月7日(水)13:00(予定)

・追加公演
2015年1月8日(木)13:00
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015