ニュース

多国籍インストゥルメンタル・バンド、nouonがアルバム・リリース計画を発表

nouon   2015/07/17掲載(Last Update:15/08/05 19:36)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
多国籍インストゥルメンタル・バンド、nouonがアルバム・リリース計画を発表
 ヴィブラフォン奏者の山田あずさとピアニストのケビン・マキュー、コントラバス / クラリネット奏者のヒュー・ロイド、ドラムの山本淳平による多国籍インストゥルメンタル・バンド、nouon(のうおん)がこの秋にリリースする1stアルバムのレコーディング計画を発表しました。また、このアルバムのリリース記念ライヴは10月9日(金)に東京・代官山「山羊に、聞く?」で開催することが決定しています。

 ユニークな楽器編成とサウンドの組み合わせが独自の音楽世界を表現するnouon。日・米・英の演奏者からなる強みを生かして、海外公演の実現を目指すとともに、多くの人に作品を届けるため、ファースト・アルバムの制作をスタートさせました。2015年の秋にリリース予定で、ただいま絶賛レコーディング中!

 現在、nouonのWEBサイトでは、このレコーディングのためのドネーションを募るスペシャル・サイトを公開中。発売前に完成アルバムが届けられ、リリース記念ライヴに招待されるなどの特典も用意されています。詳しくはnouonサイトをご覧ください。

オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015