ニュース

ピアニスト・近藤伸子、現代ならではの切り口からバッハのさまざまな様式の作品に迫る意欲作を発表

近藤伸子   2015/08/20 14:34掲載
はてなブックマークに追加
 感情と理性、過去と現在といった相反する要素を高度に統合し、研ぎ澄まされた音楽世界を創りだすピアニスト、近藤伸子。待望の新作アルバム『近藤伸子 プレイズ J.S.バッハ〜音楽の捧げもの〜』(ALCD-9153 2,500円 + 税)を9月7日(月)にリリースします。

 〈アルトゥール・シュナーベルコンクール〉で1位なし第2位、ブゾーニ国際コンクールなどへの入賞を経て国際的な活躍の場を広げつつ、新作の初演や、シュトックハウゼンのピアノ曲に関する論文と演奏で東京藝術大学器楽科大学院の博士号を取得するなど、現代音楽演奏にも積極的に取り組んできた近藤。その一方で、近藤の活動にはいつもバッハが存在していました。

 本アルバムに収められたのは、2014年のリサイタルでも取り上げられ、各方面から絶賛を集めた6作品。それぞれにまったく異なる様式を内包する6作品を、近藤は作品の理念そのままに、感情と理性の高度な統合によって昇華しています。ピアノならでは、そして現代ならではの切り口からバッハを響かせる一枚です。

■2015年9月7日(月)リリース
『近藤伸子 プレイズ J.S.バッハ〜音楽の捧げもの〜』
ALCD-9153 2,500円 + 税

[演奏]
近藤伸子(p)

[収録曲]
J.S.バッハ:
01. 半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903
02. 幻想曲とフーガ イ短調 BWV904
03. 3声・6声のリチェルカーレ〜音楽の捧げもの BWV1079
04. 最愛の兄の旅立ちに寄せるカプリッチョ 変ロ長調 BWV992
05. 4つのデュエット BWV802-805
06. イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971
07. 6声のリチェルカーレ〜音楽の捧げもの BWV1079 *
* ボーナストラック

[録音]
2014年8月20日, 21日 埼玉 彩の国さいたま芸術劇場
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015