ニュース

ピアニスト・近藤伸子、現代ならではの切り口からバッハのさまざまな様式の作品に迫る意欲作を発表

近藤伸子   2015/08/20 14:34掲載
はてなブックマークに追加
 感情と理性、過去と現在といった相反する要素を高度に統合し、研ぎ澄まされた音楽世界を創りだすピアニスト、近藤伸子。待望の新作アルバム『近藤伸子 プレイズ J.S.バッハ〜音楽の捧げもの〜』(ALCD-9153 2,500円 + 税)を9月7日(月)にリリースします。

 〈アルトゥール・シュナーベルコンクール〉で1位なし第2位、ブゾーニ国際コンクールなどへの入賞を経て国際的な活躍の場を広げつつ、新作の初演や、シュトックハウゼンのピアノ曲に関する論文と演奏で東京藝術大学器楽科大学院の博士号を取得するなど、現代音楽演奏にも積極的に取り組んできた近藤。その一方で、近藤の活動にはいつもバッハが存在していました。

 本アルバムに収められたのは、2014年のリサイタルでも取り上げられ、各方面から絶賛を集めた6作品。それぞれにまったく異なる様式を内包する6作品を、近藤は作品の理念そのままに、感情と理性の高度な統合によって昇華しています。ピアノならでは、そして現代ならではの切り口からバッハを響かせる一枚です。

■2015年9月7日(月)リリース
『近藤伸子 プレイズ J.S.バッハ〜音楽の捧げもの〜』
ALCD-9153 2,500円 + 税

[演奏]
近藤伸子(p)

[収録曲]
J.S.バッハ:
01. 半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903
02. 幻想曲とフーガ イ短調 BWV904
03. 3声・6声のリチェルカーレ〜音楽の捧げもの BWV1079
04. 最愛の兄の旅立ちに寄せるカプリッチョ 変ロ長調 BWV992
05. 4つのデュエット BWV802-805
06. イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971
07. 6声のリチェルカーレ〜音楽の捧げもの BWV1079 *
* ボーナストラック

[録音]
2014年8月20日, 21日 埼玉 彩の国さいたま芸術劇場
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015