ニュース

ピアニスト・近藤伸子、現代ならではの切り口からバッハのさまざまな様式の作品に迫る意欲作を発表

近藤伸子   2015/08/20 14:34掲載
はてなブックマークに追加
 感情と理性、過去と現在といった相反する要素を高度に統合し、研ぎ澄まされた音楽世界を創りだすピアニスト、近藤伸子。待望の新作アルバム『近藤伸子 プレイズ J.S.バッハ〜音楽の捧げもの〜』(ALCD-9153 2,500円 + 税)を9月7日(月)にリリースします。

 〈アルトゥール・シュナーベルコンクール〉で1位なし第2位、ブゾーニ国際コンクールなどへの入賞を経て国際的な活躍の場を広げつつ、新作の初演や、シュトックハウゼンのピアノ曲に関する論文と演奏で東京藝術大学器楽科大学院の博士号を取得するなど、現代音楽演奏にも積極的に取り組んできた近藤。その一方で、近藤の活動にはいつもバッハが存在していました。

 本アルバムに収められたのは、2014年のリサイタルでも取り上げられ、各方面から絶賛を集めた6作品。それぞれにまったく異なる様式を内包する6作品を、近藤は作品の理念そのままに、感情と理性の高度な統合によって昇華しています。ピアノならでは、そして現代ならではの切り口からバッハを響かせる一枚です。

■2015年9月7日(月)リリース
『近藤伸子 プレイズ J.S.バッハ〜音楽の捧げもの〜』
ALCD-9153 2,500円 + 税

[演奏]
近藤伸子(p)

[収録曲]
J.S.バッハ:
01. 半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903
02. 幻想曲とフーガ イ短調 BWV904
03. 3声・6声のリチェルカーレ〜音楽の捧げもの BWV1079
04. 最愛の兄の旅立ちに寄せるカプリッチョ 変ロ長調 BWV992
05. 4つのデュエット BWV802-805
06. イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971
07. 6声のリチェルカーレ〜音楽の捧げもの BWV1079 *
* ボーナストラック

[録音]
2014年8月20日, 21日 埼玉 彩の国さいたま芸術劇場
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015