ニュース

第113回スーパー・リクライニング・コンサートは鈴木理恵子&若林 顕のデュオ・リサイタル

2016/02/03 13:51掲載
はてなブックマークに追加
第113回スーパー・リクライニング・コンサートは鈴木理恵子&若林 顕のデュオ・リサイタル
 コンサートホールとして世界初のリクライニング・シートを導入した東京・富ヶ谷 Hakuju Hallの人気シリーズ、“スーパー・リクライニング・コンサート”。2016年3月4日(金)、同シリーズでは113回目を数える〈第113回 スーパー・リクライニング・コンサート 鈴木理恵子&若林顕 デュオ・リサイタル〉が開催されます。

 今回登場するのは、コンサート・ミストレスやソロ、室内楽奏者として活躍する一方、現代音楽や他ジャンルとのクロスオーヴァー、音楽祭のプロデュースまで手がけるヴァイオリニストの鈴木理恵子と、鈴木の夫であり、真のヴィルトゥオーゾ・ピアニストとしての不動の評価を得ている若林 顕。両名が近年真摯に取り組んでいるというこのデュオでは、2人の豊かな音楽表現がシンクロして、奥行きある深いデュオの世界が生み出されます。

 クラシックのコンサート・ホールでの緊張した空気感とも、ライヴハウスのリラックス感とも一味違う、心地よく集中をもちつつもリラックスした気分で極上の音響を体全体で楽しめる本企画。モーツァルトやクライスラー、ブラームスらによる、ヴァイオリンとピアノのための名曲の数々を、豪華デュオによる抜群の演奏で体感できるでしょう。

photo ©Wataru Nishida

第113回 スーパー・リクライニング・コンサート
鈴木理恵子&若林顕 デュオ・リサイタル
豊かな詩情で織り成す豪華デュオ

https://www.hakujuhall.jp/syusai/46.html

2016年3月4日(金)
東京 富ヶ谷 Hakuju Hall
開演 15:00〜 / 19:30〜
※昼夜2回公演
※休憩なし約1時間


[出演] 
鈴木理恵子(vn) / 若林 顕(p)

[プログラム]
モーツァルト: ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304
クライスラー: ウィーン奇想曲 op.2 / 愛の悲しみ / 中国の太鼓 op.3
ブラームス: ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ長調 op.100 より 第3楽章
ドヴォルザーク: 「ジプシーの歌」op.55より 第4番 わが母の教え給いし歌
バルトーク: ラプソディ 第1番

[チケット]
各回全席指定リクライニング席 2,000円(税込)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015