ニュース

ジャック・ディジョネット、ジョン・スコフィールドらによるスーパー・グループ“ハドソン”がアルバムを発表

2017/07/26 14:49掲載
はてなブックマークに追加
 今年8月に75歳となるジャズ界のリヴィング・レジェント、ジャック・ディジョネットが、ジョン・スコフィールド(g)、ラリー・グレナディア(b)、ジョン・メデスキ(key)という現代ジャズ・シーンで圧倒的な存在感を放つ3人のメンバーを迎えて新プロジェクト、ハドソン(HUDSON)を始動。1stアルバム『ハドソン』に、ボーナストラック「キャッスルズ・メイド・オブ・サンド」を追加収録した日本盤(SICX-90 2,400円 + 税)を7月26日(水)にリリース。

 『ハドソン』は今年1月、米ニューヨーク・キャッツキルでのスタジオ録音作。メンバーの4人は2014年に開催された〈ウッドストック・ジャズ・フェスティヴァル〉で初共演し、意気投合。今回のプロジェクトのきっかけとなりました。アルバム・タイトルの“ハドソン”とは、4人が住むニューヨーク北部の地域の名称。ハドソン川沿に広がる緑豊かな地域は古くから芸術家が多く住むことでも知られており、ウッドストックにはジミ・ヘンドリックスボブ・ディランも住んでいました。

 収録曲にはオリジナル以外に、“ハドソン”をコンセプトにしたディランやザ・バンド、ジミヘンのカヴァーも取り上げています。



■2017年7月26日(水)発売
ジャック・ディジョネット / ジョン・スコフィールド / ラリー・グレナディア / ジョン・メデスキ
ハドソン

SICX-90 2,400円 + 税

[収録曲]
01. ハドソン
02. エル・スウィング
03. レイ・レディ・レイ
04. ウッドストック
05. はげしい雨が降る
06. 明日まで待って
07. ソング・フォー・ワールド・フォーギヴネス
08. ダーティ・グラウンド
09. トニー・ゼン・ジャック
10. アップ・オン・クリップル・クリーク
11. グレイト・スピリット・ピース・チャント
12. キャッスルズ・メイド・オブ・サンド(日本盤ボーナストラック)

[演奏者]
ジャック・ディジョネット(ds)
ジョン・スコフィールド(g)
ラリー・グレナディア(b)
ジョン・メデスキ(key)

[録音]
2017年1月、米ニューヨーク・キャッツキル NRSスタジオ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015