ニュース

クイーン、英テロで活躍の警察官・消防士をハイドパークに招待

2005/07/14掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
クイーン、英テロで活躍の警察官・消防士をハイドパークに招待
 ポール・ロジャースを迎えてツアー中の新生クイーンが、先日発生した英国ロンドンでの同時多発テロを受け、声明文を発表しました。そのなかでバンドは、7月15日に開催されるロンドン・ハイドパークでのライヴに、警察官や消防士などのエマージェンシー・サービス・スタッフを無料招待するとしています。その数なんと5,000人。

 クイーンにとって29年ぶりのハイドパーク出演となるこのライヴは、もともと7月8日に予定されていたものの、テロの影響で延期。8万人の観客を集める大規模なもので、さらに5,000人が加わる形になりました。スペシャル・ゲストとして、ザ・ダークネスのジャスティン・ホーキンス、ダン・ホーキンスも出演します。

 「ロンドンのエマージェンシー・サービスの方々による今回の爆破テロに対する迅速な対応に感謝し、同時にこの悲劇から立ち直るロンドンの人々にエールを送りたいと思う」という趣旨の今回の企画、チケットはロンドンの劇場やラジオ局などで配布され、エマージェンシー・サービス・スタッフは、証明書を提示すれば2枚の無料チケットを受け取ることができるそうです。英国に根差したバンドらしい今回の行動に、敬意を表します。なお、声明文の詳細はコチラへ。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015