ニュース

クイーン、英テロで活躍の警察官・消防士をハイドパークに招待

2005/07/14掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
クイーン、英テロで活躍の警察官・消防士をハイドパークに招待
 ポール・ロジャースを迎えてツアー中の新生クイーンが、先日発生した英国ロンドンでの同時多発テロを受け、声明文を発表しました。そのなかでバンドは、7月15日に開催されるロンドン・ハイドパークでのライヴに、警察官や消防士などのエマージェンシー・サービス・スタッフを無料招待するとしています。その数なんと5,000人。

 クイーンにとって29年ぶりのハイドパーク出演となるこのライヴは、もともと7月8日に予定されていたものの、テロの影響で延期。8万人の観客を集める大規模なもので、さらに5,000人が加わる形になりました。スペシャル・ゲストとして、ザ・ダークネスのジャスティン・ホーキンス、ダン・ホーキンスも出演します。

 「ロンドンのエマージェンシー・サービスの方々による今回の爆破テロに対する迅速な対応に感謝し、同時にこの悲劇から立ち直るロンドンの人々にエールを送りたいと思う」という趣旨の今回の企画、チケットはロンドンの劇場やラジオ局などで配布され、エマージェンシー・サービス・スタッフは、証明書を提示すれば2枚の無料チケットを受け取ることができるそうです。英国に根差したバンドらしい今回の行動に、敬意を表します。なお、声明文の詳細はコチラへ。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015