ニュース

2CELLOS、最新アルバム『スコア』より最新映像「炎のランナー」公開

2CELLOS   2017/06/19 13:56掲載
はてなブックマークに追加
 2本のチェロによる超絶演奏で世界を魅了するクロアチア出身のチェロ・デュオ2CELLOSが、最新アルバム『スコア』(SICP-31122 2,500円 + 税)よりヴァンゲリス作曲「炎のランナー」の映像を公開。

 この曲は1981年に公開されたイギリス映画『炎のランナー』のテーマ曲。〈第54回アカデミー賞〉で作品、脚本、作曲、衣裳デザインの4部門を獲得しました。音楽を手がけたヴァンゲリス(1943〜)はギリシャのシンセサイザー奏者 / 作曲家。この作品で全米アルバム / シングル・チャートでナンバー・ワンを獲得し、一躍その名を世界に知らしめました。

 5月に開催された2CELLOSの日本ツアーのオープニングを飾ったこの曲のMVは、クロアチアの南に位置するブラチ島のズラトニ・ラット・ビーチで、3月に撮影されました。ビーチが角のように海へ伸びためずらしい地形を生かし、波打ち際ぎりぎりでのチェロ演奏や、映画のワン・シーンのように砂浜を走る2人のシーンが盛り込まれています。

 “映画音楽”がテーマの最新アルバム『スコア』は、全世界40ヵ国のiTunesクラシカル・アルバム・チャートで1位を記録。2CELLOは『スコア』収録曲全曲のMVを制作し、毎月1本ずつ公開しています。これまでも1月に「ゲーム・オブ・スローンズ・メドレー」、2月に「ムーン・リヴァー」、3月に「グラディエーター」、4月に「シンドラーのリスト」、5月に「ロード・オブ・ザ・リング」の映像を公開しており、本作が6作目となります。



■2017年2月22日(水)発売
2CELLOS
スコア

SICP-31122 2,500円 + 税

[収録曲]
01. 「ゲーム・オブ・スローンズ」メドレー(ラミン・ジャワディ)
02. メイ・イット・ビー(『ロード・オブ・ザ・リング』)(エンヤ、ローム・ライアン、ニッキー・ライアン)
03. フォー・ザ・ラヴ・オブ・ア・プリンセス(『ブレイブハート』)(ジェームズ・ホーナー)
04. ある愛の詩(フランシス・レイ)
05. ニュー・シネマ・パラダイス(エンニオ・モリコーネ)
06. ムーン・リヴァー(『ティファニーで朝食を』)(ヘンリー・マンシーニ)
07. ゴッドファーザーのテーマ(ニーノ・ロータ)
08. マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(ジェームズ・ホーナー)
09. レインマンのテーマ(ハンス・ジマー)
10. カヴァティーナ(『ディア・ハンター』)(スタンリー・マイヤーズ)
11. マレーナ(エンニオ・モリコーネ)
12. 「シンドラーのリスト」メイン・テーマ(ジョン・ウィリアムズ)
13. 『炎のランナー』よりタイトルズ(ヴァンゲリス)
14. ナウ・ウィ・アー・フリー(『グラディエーター』)(ハンス・ジマー、リサ・ジェラード)
15. M21-許し forgiveness(坂本龍一 feat. 2CELLOS)(『怒り』)(坂本龍一) *

* 日本盤ボーナス・トラック

[演奏]
2CELLOS / ロビン・スミス指揮ロンドン交響楽団
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015