音楽出版社 データ提供サービス
ニュース

邦人女性Vo率いるNYのシューゲイザー・バンド“Asobi Seksu”新作!

アソビ・セクス(Asobi Seksu)   2006/03/16掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
邦人女性Vo率いるNYのシューゲイザー・バンド“Asobi Seksu”新作!
 日本人女性ヴォーカリストYuki Chikudateを中心に米ニューヨークを拠点に活動しているインディ・ロック・バンド、Asobi Seksu。その彼女たちの通算2作目となるニュー・アルバム『Citrus』がリリースされます!

 2004年にアルバム『Asobi Seksu』(写真)でデビューを飾った彼女たちは、轟音ギター系インディ・ロックのムーヴメント、シューゲイザーを彷彿させるギター・サウンドが特徴的なバンド。そのアヤしいバンド名や、日本語と英語が交差する夢見るポエム調の歌詞などで、日本でも一部で話題を集めており、また海外でも「CMJ」チャートの上位にランクインするほどの人気を誇っています。

 約2年ぶりの発表される新作でも、“ドリーム・ポップ・ワールド”と自らのサウンドを称するこれまでの路線はそのままに、かつてのLUSHなどを彷彿させる世界観を持つ楽曲の数々を披露。すでに彼女たちのMySpeaceでは新曲「Thursday」の試聴が可能となっていますので、気になる方は訪れてみてはいかがでしょうか? アルバム『Citrus』は米国にて5月30日にリリースされる予定です。シューゲイザー好き、ドリーム・ポップ好きはぜひ!
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」
[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』
[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』
[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち[インタビュー] こいつガチだ――覚悟を決めたCANDY GO!GO!の自信作『IDOROCK』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015