ニュース

ビル・ブラッフォード、ライヴ活動からの引退を宣言!

ビル・ブラッフォード(Bill Bruford)   2009/01/27 16:54掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 イエスキング・クリムゾンU.K.ジェネシス(ツアー・サポート)などのトップ・グループを渡り歩き、多くの名演奏を披露してきた、イギリス出身の精鋭ドラマー、ビル・ブラッフォード(Bill Bruford)。ロック/ジャズ界で幅広く活躍してきたビルが、2009年1月1日をもってライヴ活動からの引退を宣言。自身の公式サイトにて1月26日に声明を発表しています。

 声明では詳しく述べられていませんが、ビルが一部海外メディアに伝えたことによれば、今回の決定はあくまでもライヴ活動からの引退であって、レコーディングは続けていくとのこと。今夏にはイギリス人作曲家Colin Rileyとのアルバムを発表する計画もあるようです。

 また、2月にベスト・コレクション・アルバムが発売されるビル主宰レーベル、Winterfold RecordsとSummerfold Recordsの運営も継続するようで、さらに3月には自叙伝「Bill Bruford: The Autobiography」の出版も予定されています。

 ライヴ活動からの引退は残念ではありますが、今後も精力的な活動が続くようですので、一安心ですね! (写真はビル・ブラッフォード『フィールズ・グッド・トゥ・ミー』
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編][インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ
[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』
[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』
[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015