ニュース

ビル・ブラッフォード、ライヴ活動からの引退を宣言!

ビル・ブラッフォード(Bill Bruford)   2009/01/27 16:54掲載
はてなブックマークに追加
 イエスキング・クリムゾンU.K.ジェネシス(ツアー・サポート)などのトップ・グループを渡り歩き、多くの名演奏を披露してきた、イギリス出身の精鋭ドラマー、ビル・ブラッフォード(Bill Bruford)。ロック/ジャズ界で幅広く活躍してきたビルが、2009年1月1日をもってライヴ活動からの引退を宣言。自身の公式サイトにて1月26日に声明を発表しています。

 声明では詳しく述べられていませんが、ビルが一部海外メディアに伝えたことによれば、今回の決定はあくまでもライヴ活動からの引退であって、レコーディングは続けていくとのこと。今夏にはイギリス人作曲家Colin Rileyとのアルバムを発表する計画もあるようです。

 また、2月にベスト・コレクション・アルバムが発売されるビル主宰レーベル、Winterfold RecordsとSummerfold Recordsの運営も継続するようで、さらに3月には自叙伝「Bill Bruford: The Autobiography」の出版も予定されています。

 ライヴ活動からの引退は残念ではありますが、今後も精力的な活動が続くようですので、一安心ですね! (写真はビル・ブラッフォード『フィールズ・グッド・トゥ・ミー』
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015