ニュース

今年のJ-クラブ・ジャズ・バンドの大本命、ボヘミアン・ブードゥーがデビュー作を発表!

bohemianboodoo   2010/06/14 13:19掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
今年のJ-クラブ・ジャズ・バンドの大本命、ボヘミアン・ブードゥーがデビュー作を発表!
 ギターをメインとした4人編成で、2008年に横浜で結成されたクラブ・ジャズ・バンド、ボヘミアン・ブードゥー(bohemianvoodoo)が、7月7日にデビュー・アルバム『ラピス・ラズリ』(PDC-20061 税込み2,100円)をリリースします。

 結成以来、東京、神奈川を中心に活動を続け、ラテン〜ブラジル〜ヒップホップ〜ブレイクビーツを取り入れた、甘美なメロディとビート感あふれるサウンドで、ジャズ・シーンにとどまらず、ヒップホップやR&Bなど数々のイベントに出演し、その名前を着実に広めてきました。

 今回のデビュー・アルバムは、Shima&ShikouDUOとしても活動しているSilent Jazz Case島祐介/tp)によるプロデュース/ホーン・アレンジが全編に施された、壮大かつ爽快で心地よいサウンドが展開される一枚。今年のクラブ・ジャズ・シーン大本命のバンドの登場です!




※7月7日発売
ボヘミアン・ブードゥー
『ラピス・ラズリ』
(PDC-20061 税込み2,100円)
[収録曲]
01.Patterns Of The Earth
02.Lapislazuli
03.Padmini
04.Jet Setter
05.Urimm&Thummim
06.Hokar Smokers
07.Star Trip
08.Cradle
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 政府は飢えを武器にして人々を統制している――ケン・ローチ監督が語る「わたしは、ダニエル・ブレイク」[特集] ジェイソン・モランに死角なし――「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」
[インタビュー] わたし自身が大好きな曲ばかり――寺下真理子『ロマンス』は様々な形の“愛”に因んだ作品[インタビュー] クラシックの名曲を鼻歌のように――渋さ知らズが世界最古のアシッド・ミュージックに挑んだ『渋樹』
[インタビュー] すでに“魂”は失われてしまった――チュス・グティエレス監督自身が語る「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ」[インタビュー] なんかいいのできた! どう? “Diggy-MO’ならでは”と“いい曲”の理想的なバランス『BEWITCHED』
[インタビュー] “呼吸”こそ歌――双子ソプラノ・デュオ、山田姉妹が歌う昭和の名曲たち[インタビュー] こいつガチだ――覚悟を決めたCANDY GO!GO!の自信作『IDOROCK』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015