ニュース

ブッチ・ウォーカーの新作は、デヴィッド・ボウイ?

ブッチ・ウォーカー(Butch Walker)   2006/06/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 アヴリル・ラヴィーンをはじめ、ピンクから織田裕二まで、ソングライター/プロデューサーとしてすっかり有名になったブッチ・ウォーカーが、約2年ぶりの新作をリリースします。今回は“Let's Go Out Tonites”なるバンドを従えての作品になり、タイトルは『The Rise and Fall of Butch Walker and the Let's Go Out Tonites』。これはもちろん『ジギー・スターダスト』として知られる、デヴィッド・ボウイの名作『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars』(72年)をもじったモノ。どうやら内容もグラムの要素が強くなっているようで、すでにMyspace.comでは2曲の新曲が公開されています。

 ブッチはBillboard.comのインタビューで、「前作(2004年の『レターズ』・写真)はガールフレンドに逃げられて泣きながらビールを飲んでいる、バーの片隅にいる男。新作はバーに入ってきて、女の子の煙草に火を付けてあげては、酒を飲んで朝の6時まで踊り続ける男」とその音を表現。キャッチーなメロディを書かせたら当代随一の男の新作、ご期待ください。発売は、US盤が7月11日、国内盤(EICP-649 税込\2,520)は『ライズ・アンド・フォール』という邦題で7月19日の予定。なお、国内盤にはウイングスの「007/死ぬのは奴らだ(Live And Let Die)」のカヴァーを含む2曲のボーナス・トラックが収録されることになっています。

●『ライズ・アンド・フォール』収録曲
01. Ooooh…Aaah
02. Hot Girls In Good Moods
03. Ladies&Gentlemen…“The Let's Go Out Tonites”
04. Bsthamphetine (Pretty Pretty)
05. Too Famous Get Fully Dressed
06. We're All Going Down
07. Dominoes
08. Paid To Get Excited
09. Song w/o A Chorus
10. The Taste Of Red
11. Rich People Die Unhappy
12. This Is The Sweetest Little Song
13. When Canyons
14. New York Minute ※
15. Live And Let Die (WINGS cover song) ※
※日本盤ボーナス・トラック
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015