ニュース

チック・コリア、キャリア集大成となるBLUE NOTE NYでのライヴをリリース

チック・コリア(Chick Corea)   2017/08/02 13:42掲載
はてなブックマークに追加
 “ジャズ・ピアノの革命家”ことチック・コリア(Chick Corea)の70歳の誕生日を記念して、2011年に米ニューヨークのBLUE NOTE NEW YORKで開催した23日間のライヴからベスト・テイクを厳選した3枚組CD『ザ・ミュージシャン〜ライヴ・アット・ブルーノート・ニューヨーク』の日本盤(UCCO-1185〜7 4,000円 + 税)が8月2日(水)にリリースされます。

 チック・コリアは1941年、マサチューセッツ州チェルシー生まれ。67年から70年にかけてスタン・ゲッツマイルス・デイヴィスのバンドで演奏。72年結成のリターン・トゥ・フォーエヴァーの成功で一躍時代の寵児となりました。その後はアコースティック・トリオやエレクトリック・バンド、クラシック・プロジェクトと多彩な活動を展開。現在も精力的に活動しています。

 本作は彼の音楽キャリアを回顧した内容で、リターン・トゥ・フォーエヴァ・アンプラグドからチック・コリア・エレクトリック・バンドまで、一世を風靡した歴史的プロジェクト全10バンド総勢27名の豪華ミュージシャンが参加しています。

■2017年8月2日(水)発売
チック・コリア
ザ・ミュージシャン〜ライヴ・アット・ブルーノート・ニューヨーク

UCCO-1185〜7 4,000円 + 税

[disc 1]
01. CAPTAIN MARVEL
02. LIGHT AS A FEATHER
03. I HEAR A RHAPSODY
04. SPIRIT RIDES
05. SPECIAL BEINGS
06. I'VE GOT THE WORLD ON A STRING
07. SPAIN

[disc 2]
01. OVERTURE
02. YOUR EYES SPEAK TO ME
03. IF I WERE A BELL
04. NEFERTITI
05. ZYRIAB
06. ミ・ニーニャ・ローラ

[disc 3]
01. CC'S BIRTHDAY BLUES
02. CARAVAN
03. HOT HOUSE
04. DOLPHIN DANCE
05. CANTALOUPE ISLAND
06. RITUAL
07. SILVER TEMPLE


[演奏]
リターン・トゥ・フォーエヴァー・アンプラグド(Disc 1 / 01,02)
チック・コリア・トリオwithゲイリー・ピーコック&ブライアン・ブレイド(Disc 1 / 03)
ファイヴ・ピース・バンド(Disc 1 / 04,05)
チック・コリア&ボビー・マクファーリン・デュオ(Disc 1 / 06,07)
チック・コリア&ゲイリー・バートンwithハーレム・ストリング・カルテット(Disc 2 / 01,02)
フロム・マイルス(Disc 2 / 03,04)
フラメンコ・ハート(Disc 2 / 05,06)
チック・コリア&マーカス・ロバーツ・デュオ(Disc 3 / 01,02)
チック・コリア&ハービー・ハンコック・デュオ(Disc 3 / 03,04,05)
チック・コリア・エレクトリック・バンド(Disc 3 / 06,07)

[録音]
2011年11月、米ニューヨーク“BLUE NOTE NEW YORK”
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015