ニュース

Def Tech復活第一弾アルバム、収録曲数&曲タイトル決定 !! メンバーからのメッセージも

Def Tech   2010/09/17 15:13掲載
はてなブックマークに追加
Def Tech復活第一弾アルバム、収録曲数&曲タイトル決定 !! メンバーからのメッセージも
 10月27日(水)の発売へ向けて徐々に全貌を表すDef Techの復活第一弾アルバム。その収録曲数とアルバム曲タイトルが発表されました。

 復活宣言直後にPVを公開し、初日だけで 20万PVを記録した新曲「A-1」、<SUMMER SONIC 2010> にゲリラ出演し披露した「The Come Back」、 <めざましライブ>で一般公募したコーラス隊と会場のオーディエンスの大合唱を録音する「おんがく♬MUSIC」の試聴音源に加え、気持ちの良い海風、波音を感じられるDef Tech サウンドに満ちた「Surfer's Paradise」をはじめとする全9曲を収録。

 なお今作のプロモーションで Def Tech はテレビ、ラジオ、WEB上でも試聴音源を90秒のみ公開中。アルバムの発売まではフルサイズ音源を公開しないのだとか。その理由をメンバーは以下のコメントで明らかにしています。


【Def Tech からのメッセージ】

CDを、音楽を、購入する人が激減しています。
また、デジタルの世界では短い編集をした切り売りという手段が、とくに若いリスナーへ浸透しています。

かつてDef Techは、
1)CD の値段を、自分たちが「買いたくなる価格」にして、
2)CD をレンタルしたりコピーしたりせずに、買って聴いてほしい。
という考えを現実のかたちにしました。
(ファーストアルバムは 1500 円でレンタル禁止です)

音楽が高すぎるから買いたくない、だからタダでとってくる(落としてくる)・・・というのは負のスパイラル。このままスパイラルを下り続ければ、やがて新しい音楽は絶滅するかもしれません。

今回 Def Tech は、現在のデジタル・コピー状況に対するメッセージとして、また、新しい音楽にとって絶滅の危機といえるほどの現状へのメッセージとして、ニューアルバムのサンプル試聴∼リリースへの提案をします。

Def Tech の提案は、90秒の曲・・・このくらいの長さが音楽を感じるための最小サイズのように思います・・・は自由に聴いてほしい。もちろんタダでかまいません。それは、Def Tech にとっても新しい自分たちの音楽を知ってもらうチャンスと考えているから(よろしくおねがいします!)。

Def Tech として“Give and Take”の気持ち。まずは“Give”
ホームページ上で 90 秒サイズの新曲をフリーダウンロード出来るようにしました。この試みはアルバム発売まで続ける予定。同時に、アルバム発売日までは、全てのメディアにお渡しする楽曲のサイズを 90 秒で切って、その最後に Def Tech なりのメッセージを入れることにしました。

そしてこの秋、新しいアルバムを発売します(もちろん全ての曲をフルサイズで収録し、できる限り適正な仕様・価格で、と考えています)。このアルバムは、皆さんに買って聴いて欲しい。なぜなら、素晴らしく良いもの、新しいものを、満身の力を込めて創り上げているから!

とはいえ、9月になってもまだ録音制作中・ ・ ・待っていてくれる皆さんに感謝しつつ、いま仕上げの真っ最中です。アルバムリリースのあと、年明けにはライヴツアーで会いましょう!


【アルバム情報】

10月27日発売
『タイトル未定』
(DTMS-001 税込1,500円)

[収録曲]
01.A-1(エ ー・ワン)
02.The Come Back(ザ・カ ム・バック)
03.Catch me if you can(キャッチ・ミ ー・イフ・ユ ー・キャン)
04.Surfer's Paradise(サーファーズ・パラダイス)
05.おんがく♬ MUSIC(オン ガ ク・ミュ ー ジック)
06. The Dub Dichotomyザ・ダ ブ・ダイコトミー)
07. Rays of Light(レ イズ・オブ・ラ イト)
08. Dream(ドリ ー ム)
09. F.M.B!!(エフ・エ ム・ビー!!)
         
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015