ニュース

5度の〈グラミー賞〉に輝くヴォーカリスト、ダイアン・リーヴスが4年ぶりに来日

ダイアン・リーヴス(Dianne Reeves)   2017/03/21 18:02掲載
はてなブックマークに追加
5度の〈グラミー賞〉に輝くヴォーカリスト、ダイアン・リーヴスが4年ぶりに来日
 通算5回の〈グラミー賞〉に輝くヴォーカリスト、ダイアン・リーヴス(Dianne Reeves)が約4年ぶりに来日。 5月29日(月)〜31日(水)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYO、6月2日(金)兵庫・神戸 新神戸オリエンタル劇場、6月3日(土)愛知・名古屋 名古屋BLUE NOTEの3都市で公演を行ないます。

 キーボード奏者 / プロデューサーのジョージ・デュークを叔父に持ち、15歳でプロ活動を開始。セルジオ・メンデスらとのツアーを経て1987年にブルーノート・レコードからメジャー・デビュー、一躍スターの座を獲得したリーヴス。2014年にリリースしたアルバム『ビューティフル・ライフ』ではリチャード・ボナロバート・グラスパーエスペランサ・スポルディングレイラ・ハサウェイらと共演し、さらなる新境地へと踏み出しました。今回の来日でも、ジャズ、R&B、ワールド・ミュージックを横断する圧倒的な存在感で魅了するステージを披露してくれそうです。

ダイアン・リーヴス
来日公演


2017年5月29日(月)〜31日(水)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
www.bluenote.co.jp/jp/artists/dianne-reeves

2017年6月2日(金)
兵庫 神戸 新神戸オリエンタル劇場
kobe-bsf.com/specialconcert

2017年6月3日(土)
愛知 名古屋 名古屋BLUE NOTE
www.nagoya-bluenote.com/schedule/201706.html#0603

[メンバー]
ダイアン・リーヴス(vo)
ピーター・マーティン(p,musical director)
ホメロ・ルバンボ(g)
レジナルド・ヴィール(b)
テリオン・ガリー(dr)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015